死盤遊戯(Boardgame of Death)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

カンフーがテーマのデッキ構築ゲーム!

created by Rinker
グループSNE(Group SNE)
¥2,980 (2024/04/20 19:09:06時点 Amazon調べ-詳細)
  • 「塔」の各階にいる敵を倒して技を習得していき、最上階のラスボスを先に倒した人が勝ち。
  • 「塔」は5階。
    1、2、3、4階に、敵カードが5枚、4枚、3枚、2枚、配置される。
    低階層ほど敵が弱い。
  • 各プレイヤーは個人シートを保有。
    個人ボード上では「ラッシュ値」(いくつカードを引けるか)と「コンボ値」(カードの組み合わせで敵に与える追加ダメージ)という2つの数値を表現。
  • 毎ラウンド、各プレイヤーは手番準に攻撃する敵を1人ずつ選ぶ。
    その後全員同時に「自分のデッキからラッシュ値の枚数カードをオープン」。
    オープンしたカードそれぞれの攻撃力をチェックし、攻撃対象の敵の防御力以下のカードは伏せる。
    残ったカード1枚ごとに1ダメージ(連撃は2ダメージ)を敵に与える。
    攻撃力の数字が3つ以上の連番になっていると、自分の個人シートのラッシュ値分の追加ダメージを与えられる。
    攻撃の結果敵のHPを0にできたらその敵カードを技カードとして自分のデッキ(捨て札)に加え、デッキ再シャッフル以降自分の技カードとしてプレイできる。
    攻撃の結果敵のHPが0にならなかったら敗北し、自分の手札から不要なカードを1枚を捨て札に。
  • 上記を繰り返し、先に5階のボスを倒した人の勝ち。



感想

●妻
楽しかったよ。
カンフーがテーマだけど、戦う相手は他のプレイヤーじゃなくて敵なので、邪魔されないのがいい。
デッキがパワーアップするのもいい感じ。

●ゆづ(9歳の娘)
面白かった!
勝つコツは、最初の方でラッシュを上げてたくさんカードを引けるようにすることだね。

●ヨタくん(5歳の息子)
敵をやっつけて仲間にできてパワーアップするのが楽しかった!

●自分
戦いを繰り返してデッキを強化し、強いカードを駆使してボスを倒すという設定がGOOD。
少年誌によくあるわくわく設定ですね。
デッキが強化していってより強い敵が倒せるようになる成長感はとても楽しいです。

他プレイヤーとのインタラクションが、敵カード選択と、ボスを倒す競争、という2つのみなので若干揃感は強めだけど、黙々とレベルを上げてボスを倒しに行くRPGで競争しているプレイ感なので全然気にならないです。
攻撃力がいくつでも相手に与えるダメージは1、という概念だけイマイチ直感的に理解しにくくてプレイ中に混乱する場面が多かったの個人的にちょっと残念でした。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:8
  • 9歳児と本気で遊べる度:7
  • 5歳児も楽しそう度:6

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント