アグリコラ:牧場の動物たち (Agricola: All Creatures Big and Small)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、超名作「アグリコラ」を簡略化して2人専用にしたゲームです。
通称「フタリコラ」。
アグリコラからカード・農作物・食料・子づくりの要素を除いたゲーム!?
結構重要な要素を除いちゃってるけど大丈夫? というソワソワした気持ちの中でプレイした、率直な感想をレビューします。

アグリコラ:牧場の動物たち (Agricola: All Creatures Big and Small)

・所要時間:45分
・今回の人数:2人(俺、ヨタくん)

ゲーム概要

  • アクションボードと、建物タイル、農場拡張タイル、厩その他を中央に配置。
  • 各プレイヤーが、農場ボード、3つのワーカー、9つの牧場の柵コマを受け取ったらゲームスタート。
  • 各ラウンド、補充フェイズ → アクションフェイズ帰宅・繁殖フェイズ の流れで進行。
  • 補充フェイズでは、アクションボードに指定の資源・動物を補充。
  • アクションフェイズでは、アクションボードにワーカーを1つずつ配置し、書かれたアクションを行う。
  • アクションの内容としては、下記など。
    • 資源を獲得
    • 動物を獲得
    • 牧場の柵を獲得
    • 農場ボードを拡張
    • スタートプレイヤーを奪取
    • 建物を農場ボードに配置
    • 飼養桶を農場ボードに配置
    • 牧場の柵を農場ボードに配置
  • 動物は、農場ボードの下記いずれかの場所にしか置けない。
    • 牧場の柵(建物の外壁でも可)に囲われたマス。(1マス2頭まで)
    • 建物タイルの上(建物に配置上限数が記載)
    • 飼養桶コマが配置されたマス。
  • 各プレイヤーが3つのワーカーを配置したら次のフェイズへ。
  • 帰宅・繁殖フェイズでは、ワーカーを手元に戻した後、農場ボードに2頭以上いる動物につき、1頭増える。(1種1頭まで)
  • 農場ボード上の動物は、いつでも配置換え・破棄OK。繁殖が終わったらラウンド終了となり、次のラウンドへ。
  • 8ラウンド終了時にゲーム終了。
  • 各種の動物の保有数に応じた勝利点と、建物の勝利点、農場拡張ボードの勝利点を合算し、総得点が高い人の勝ち。



感想

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!!
動物がどんどん増えて嬉しいし、毎回何のアクションをするか考えるのがワクワクするねー。
建物もたくさんあるから飽きないし、最高。

●自分
なるほど、これはよく出来てますね!
建物タイルがカードの役割をしているのでリプレイ性はちゃんとあるし、農産物・食料・子づくりがないことで、キツさが減り、処理がシンプルになり、ダウンタイムが少ないです。2人プレイゲームは、片方か長考すると間延びするので、サクサク進められるこのルールは素晴らしい。

準備も簡単で、慣れると30分程度で遊べて、プレイ後の充実感も高い、2人プレイではかなりお勧めできるゲームです。
さすがはアグリコラの独立拡張。
2人プレイはお互いを攻撃し合うゲームが多いですが、ほのぼのと楽しみたい時にとても重宝します。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):9
  • テーマ再現性:9
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:8
  • 6歳児も楽しそう度:10


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント