ダコタ(Dakota)

・所要時間:60分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム概要

先住民と開拓者にわかれて勝利点を獲得する、陣取りゲーム!

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,800 (2024/05/25 23:31:28時点 Amazon調べ-詳細)
  • ゲームの最初に、先住民サイドか開拓者サイドかを選ぶ。
    少ないほうの陣営は、中立コマを多くもつことで対抗できる。
  • 中央ボードには5つの地形があり、それぞれ算出できる資源が異なる。
    各地形は、先住民用のスペースと開拓者用のスペースがあり、各ラウンドで、そこに各プレイヤーがコマを置いていく。
    自分のコマを優先に、6個に足りない分は中立コマを置く。
  • コマは陣営別に分けられ、数で勝った陣営のみけが資源をもらえる。
    勝ったほうの陣営は、中立コマを除いて、置いた自分のコマの数が多い人から順に資源を選んでもらえる。
    資源は置いたコマの数分もらえる。
  • 集めた資源で建物を建てると特殊効果を使えるようになったり、勝利点を得る。
    資源を売るとお金になり、お金を払えば自分のコマを増やしたり、勝利点をもらえる。
    どの資源をもらうかが重要。
  • 規定のラウンドで終了。
    勝利点の最も大きい人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
まぁ面白かった。
資源を補充するのがちょっと面倒くさかったかな。
今回開拓者サイドだったけど、こっちの方が建物の特殊効果が多彩で面白いんじゃない?

●ゆづ(7歳の娘)
普通だった。
パパと協力して勝てて良かった。

●自分
うーん。
何となく冗長でだれてしまった。
ルールを読んだ時はかなり面白そうでわくわくしたんだけど。。

陣営ごとに協力する要素もありつつ、結局は個人戦なので途中で自分に都合よく出し抜く必要がある。
この辺が面白いポイントなんだろうけど、初回プレイでは上手くやれなかった。

もう少し大人数でやると面白い気もする。
ただ、セッティングが結構面倒で、途中の資源の枯渇確認と補充がやや煩わしかったため、もう一度やろうという気になりにくいなぁ。



総合評価

  • 総合評価:5
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):4
  • リプレイ性:4
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:4
  • 7歳児と本気で遊べる度:6
  • 3歳児も楽しそう度:2
  • 変則多数決のジレンマ:9
  • 建物タイルが謎に豪華:8

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント