ドン カルロ (Don Carlo)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

カードゲームは本当に奥が深い。
大富豪系、ダウト系、ページワン系、坊主めくり系など、既存の代表作をベースにアレンジし、パワーアップ or 洗練させたものが多いですよね。

そんな中でも、たまに既存ゲームとも似ていない亜種に出会うことがあり、その未知との遭遇の瞬間がたまらないわけです。

今日ご紹介するゲームは、そんな独特のプレイ感のカードゲームです!



ドン カルロ (Don Carlo)

created by Rinker
グループSNE(Group SNE)
¥1,958 (2023/12/01 19:06:59時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

各国にエージェントを派遣し、所属マフィアの影響力を高めることを目指すカードゲーム。

<準備>

  • 中央に国カードを数字順に一列に並べる。
  • 各プレイヤーに、同じ構成のエージェントカードセットを配布。
    それをシャッフルして自分専用の山札にし、そこから4枚引いて手札にする。
  • カードは、0~4が4枚ずつ、5が3枚、6が2枚の構成。

<ゲームの進行>

  • 手番では、手札からエージェントカードを1~4枚のセットで出し、カードに書かれた数字の合計が一致する国の列に配置。
    このセット1組をコードと呼ぶ。
    カードをプレイしたら、今プレイしたコードと既に配置済みコードの合計数を即得点。
    ただし、既にその国に配置済みと同じコード(組み合わせ)は出せない。
  • 全員がカードを出せなくなったらゲーム終了。
  • 最後に、各国ごとのコードのマジョリティを確認し、最多のコードをプレイしたプレイヤーがその国番号と同じ点数を獲得。
    同数の場合は早くその国にコードを派遣したプレイヤーがマジョリティを獲得。
  • 総得点が高い人の勝ち。

感想

●妻
独特のプレイ感だね。
既に出ている組み合わせと被らない組み合わせをどうやって探すかがポイントだけど、結構見逃すもんだね。
ヨタくんが上手くてびっくり。

●ゆづ(9歳の娘)
楽しかった!
早めに出すと他の人が得するけど、あまり待っていると出したい組み合わせを置かれちゃうのが悩ましいね!

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!
ヨタくん、他の人がまだ出してない組み合わせを見つけるの得意だよー!

●自分
変わったルールのカードゲームですね。

「カードの組み合わせ」にスポットを当てて、そこに「数字合計の一致」かつ「既出との重複NG」という縛りを設けることで、見事なジレンマを生み出してます。
基本的に既にプレイされているエリアに出す方が点数が高いのだけど、カードがなかなか出しづらい上に、最後のマジョリティ争いでバチバチになるので他の新規のエリアに手を出すのも大事という、、。

プレイに集中力を要するため、なんとなくワイワイ遊びたい時は遊びにくいけど、ガチで遊ぶと面白いです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:5
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 9歳児と本気で遊べる度:7
  • 6歳児も楽しそう度:7

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント