キャメルアップ 新版(Camel Up)

・所要時間:30分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム概要

ドイツ年間ゲーム大賞受賞の「キャメルアップ」の新版!
青、緑、赤、黄、紫、の5種類のラクダの掛けレースゲーム。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥4,768 (2024/05/25 06:15:27時点 Amazon調べ-詳細)
  • 「途中経過で誰が1位になるか」「最後に1位、もしくはビリになるのは誰か」を自分のタイミングで予想し、予想が的中するとお金がもらえ、外れるとお金を失う掛けレース。
  • ピラミッドのでっぱりを押すとサイコロが1つ真下に落ちてくるので、そのサイコロの色のラクダを、出目の分前に進める。
  • 黒と白のラクダは、最初から逆走するお邪魔ラクダ。
    灰色のサイコロが出ると、ほかの正規ラクダとは逆方向に出目の分進んでいく。
    彼らの上に正規ラクダが乗っかってしまうと、そのラクダは後ろに戻されていってしまう。
  • 毎ターン、サイコロをふるか、予想する(予想タイルをとるか、予想カードを出す)のいずれかを行い、6色のサイコロのうち5色まで出たらラウンド終了。
    その時点での途中経過予想があたればお金がもらえる。
  • ゴールに1頭のラクダが到着したら終了。
    最終予想カードがあたれば多めのお金をもらい、途中で得たお金と合計してもっともお金の多い人が勝ち。 

<高感度ポイント>

  • 立体的なヤシの木。ピラミッドのサイコロタワー。カラフルなラクダ。。。
    雰囲気が非常に良く、それだけで素晴らしい!
  • ルールがシンプル。
    キャメルアップカードゲームと比較すると、運の要素が強まるが、ゲーム全体がシンプルで、盛り上がるのはこっち。
  • 自分の応援しているラクダが他のラクダの背中に乗っかって、どんどん進む姿に一喜一憂。
    サイコロの目に一喜一憂。結構ドキドキする。



感想

2019年当時
●妻
うーん。かわいいけど、普通じゃない?
少なくとも2人でやるゲームじゃないね。

●ヨタ君(横で見ていて、ママがんばれー、パパがんばれーと応援してくれた)
ラクダ楽しい! (ゲーム後、ピラミッドサイコロを100回近くふり続けていた)
●自分
個人的にはとても気に入っているゲーム。
ローヤルターフにせよ、マニラにせよ、ダウンフォースにせよ、いちいち面白い。

キャメルアップは、カード版を先行して購入して何度かやって、面白いと思っていた。
どうしても本家のボード版もやってみたく、新版が出たことをきっかけに購入。

確かに2人でやってもそこまで盛り上がるものではないけど、大人数でパーティー的にやったら絶対に盛り上がる。

何よりコンポーネントのすごさが本当にやばい。
レースゲームはコンポーネントが普通だとほんとに普通の面白さになるので、それを含めてすごいゲームだと思う。

現時点では2人でしかやっていないのでその評価点だが、大人数でやったらまた評価を改めたい。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:9
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:7

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント