ハドリアヌスの長城 (Hadrian’s Wall)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、重量級紙ペンゲームです。

紙ペンゲームといえば、気軽に楽しめるものというイメージが強いですよね。
これを重たくして果たして楽しいのか。
間延びしないのか。

気になり過ぎたので、早速プレイしました。

ハドリアヌスの長城 (Hadrian’s Wall)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 各プレイヤーに、プレイヤーボードと、アクション用紙2枚、カードを1セット配布。
    カードをシャッフルして自分専用の山札に。
    命運カードをシャッフルして中央に配置。
  • 全6ラウンドて構成。
  • 各ラウンドの最初に、命運カードを1枚めくり、書かれている資源を全プレイヤーが獲得。
    紙の進捗によってはその分プラスの資源を獲得。
  • 各プレイヤーは、自分のデッキからカードを2枚めくり、1枚をゲーム終了時の目標カードとしてセットして、もう一枚は、交易品アクションや神殿アクションなどの際の参考用カードとしてセット。
  • その後、全員同時にアクション。
    アクション用紙にたくさんのアクションが記載。
  • アクションは、主にかき3つに分類される。
    • 勝利点獲得のためにコストを支払ってマスを塗りつぶす。
    • 手持ちの人コマ・資源を支払って別の人コマ・資源を獲得する。
    • ピクト人の襲撃に備えて防御マスを塗りつぶす
  • 全員のアクションが終わったら、アクションフェイズ終了。
  • ラウンドの終了時にピクト人が襲来する。
    命運カードの山札からそのラウンド指定の枚数のカードをオープンし、攻撃アイコンの方向と攻撃力を確認。
  • 各プレイヤーは、攻撃それた方向の防御力を確認し、凌げればセーフとなり、勝利点獲得。
    凌げなければアウトで、ゲーム終了時にマイナス点になる軽蔑ポイントを獲得。
  • ピクト人の処理が終わったら、次のラウンドへ。
  • 上記を繰り返し、6ラウンド目が終わったらゲーム終了。
    合計点が最も高い人の勝ち。



感想

●妻
おもしろ!!
これは凄く良いゲームだね。
ダイス降ったりとかなくて、自分で勝手に拡大再生産してる感じがめっちゃ好き。

●ゆづ(10歳の娘)
楽しい!
やれることが多すぎて最初は何からやろうか迷ったけど、分かってからはすごくサクサク遊べていいね!

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!
資源とか人を上手く集めてパワーアップしていく感じが楽しすぎるね!

●自分
インストとファーストプレイは重量級の手応えでしたが、2回目からは中量級のサクサク感。

全プレイヤー同時プレイなのでダウンタイムかほぼなく、凄まじいほどに自分のプレイに潜り込みます。
紙ペンゲームでここまでの遊びごたえと充実感を提供来てくれるとは、、、。
素晴らしいです!

登場するカードの順番が毎回変わることや、やれる戦術が幅広いので、リプレイ性もバッチリです。



総合評価

  • 総合評価:9
  • 独創性:10
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):10
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:9
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:10
  • 攻撃性の低さ:8
  • 10歳児と本気で遊べる度:8
  • 6歳児も楽しそう度:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント