酔いどれ猫のブルース(Katzenjammer Blues)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:40分

ゲーム概要

楽器を持った猫を4枚集めてカルテットを作っていくゲーム!

  • カード構成は、(1~5の数字、ジョーカー)×15枚
  • シャッフルした山札から各プレイヤーに6枚ずつ配布して手札に。
    残りの猫カードは山札として場に置く。
  • 手番では、山札からカードを1枚ずつめくっていく。
    同じ数字のカードの2枚目が出るか、ジョーカーが出たら、めくるのをストップ。
    ※ジョーカーが出て止める場合は、全プレイヤー、山札から1枚ずつカードをもらえる。
  • 各プレイヤーは、場にならべられた猫カードを競る。
    競りは、手札で行う。
    同じ枚数なら数字が多い方が強い。
    同じ数字は何枚でも出せて、数字にかかわらず枚数が多いほうが強い。
    各プレイヤーは、口頭で枚数と数字を宣言。
    全員がパスしたら、そのプレイヤーは、宣言した猫カードを手札から捨て、場の猫カードを全てGETする。
    その後、手札に4枚の同じ数字の猫カードが出来たら、場に出して、出したカードの「数字」と同じ枚数、ネズミ(得点)カードをもらえる。
  • ジョーカーカードは、1~5の好きな数になれるが、使った後は、捨て札にせず手元に分けて残しておく。
    ゲーム終了時、ジョーカーカードが最も多く手元にあるプレイヤーは、得点から「マイナス5」をすることに。
  • 山札がなくなるか、ネズミカードが無くなったらゲーム終了。
  • ネズミカードは1枚1点。
    ジョーカーの-5をした上で、最も得点の多い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
うーん。普通かな。
なんかちょっと長いんだよね。 
ルールは独特で悪くないけど。

●ゆづ(7歳の娘)
ちょっと難しい!
どうやって勝っていいかわからない。

●ヨタくん(3歳の息子)
猫のカードかわいい!
でも、ジョーカーばっかりだしたら負けてざんねん。。

●自分
猫カードで猫カードを競るのがすごく独特で、面白い。

ジョーカーが超便利ですぐ使いたくなるけど、-5点をくらうと致命傷なので、他プレイヤーよりも多く使わないように気を付ける。
この辺の不自由さもジレンマが強く、いい感じ。

ゲーム終了条件を満たすのに結構時間がかかるので、途中間延びする感じがあるのが残念。

魅力的なゲームシステムなのでたまにやりたくなるけど、やるとしばらくはもういいかな、と思う謎のゲームです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):4
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:6
  • 3歳児も楽しそう度:3
  • 猫カードの絵の魅力:9
  • カードの手触り:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント