老師敬服(Master of Respect)

・所要時間:40分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

カード配置ゲーム!
優秀な弟子を雇い、鍛えたり技を覚えさせたりし、大会で勝たせてポイントを稼ごう。

  • 色んなタイプの師匠から各プレイヤー1人ずつ選ぶ。(それぞれ能力が違う)
    また、共通の弟子を3人もらったらゲームスタート
  • まず全プレイヤーが衝立の内側で弟子のアクション計画をプロットする。
    アクションタイルは裏向きで。
    アクションは、「物資をもらう」「技を覚えさせる」「弟子を鍛える」「新たな弟子を雇う」など。
    技を覚えたり弟子を鍛えたり雇ったりするには、物資が必要。
  • 次に、全プレイヤーが同時に衝立をはずす。
    スタートプレイヤーから時計回りに一番左の弟子のアクションタイルをオープンし、実行。
    全員が一番左の弟子のアクションを行ったら、次に真ん中の弟子のアクションを行う。
    他のプレイヤーは、手番プレイヤーのアクション内容を見て、自分もやりたいと思ったら、敬服チップを使用済みにして手番プレイヤーに1枚渡せば実行可能。
    使用済み敬服チップは、得点になるなど色んな得点がある。
  • 次に、大会が行われる。
    大会に参加するのは、一番右に配置されている弟子のみ。
    その弟子の強さを比較し、最も強い弟子の保有プレイヤーが勝利。
    ボーナス点をもらう。
  • 上記を5ラウンド実施し、ゲーム終了。
    使用済み敬服チップや、集めた物資、覚えさせた技、雇った弟子の点数を合計し、最も高いプレイヤーが勝ち。



感想

2019年当時
●妻
すごく面白かった!
何を目指せばいいかわかりやすいし、弟子や技の種類が多くて、次は別の方法をやりたくなる。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しかった!
カッコイイ弟子を雇えると嬉しい!

●ヨタくん(3歳の息子)
あちょー!ってするの楽しいね!

●自分
ルールのわかりやすさ、アクションプロットを秘密裏に行う駆け引き感、大会のわくわく感など、バランスの良い優等生ゲーム。

ゲーム時間が短いけど、考えるべき要素が結構あるのでゲームをやった感もたっぷり味わえる。

弟子が育ったり、強い弟子を雇ったりで、道場が拡大していき、それに伴い物資が集まりやすくなっていく拡大再生産性も良い。

パッケージからはそこまで期待してなかった分、正直驚いた。
コンポーネントも雰囲気を大切にしている丁寧なつくりで、とても好ましい。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:7
  • 3歳児も楽しそう度:6
  • 日本人が作ったと知って嬉しい:10
  • 道場ってやっぱり燃えるよね:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント