ふくろと金貨(Moneybags)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:10分

ゲーム概要

みんなを出し抜いて、金貨を奪い合うゲーム!

created by Rinker
Oink Games
¥2,750 (2023/12/01 06:04:28時点 Amazon調べ-詳細)
  • 親プレイヤーは、子プレイヤー全員の袋に、好きなだけ金貨を配布する。
    親の左隣りの人から時計回りでスタート。
    全プレイヤー袋の中身を見るのは禁止。
  • 手番プレイヤーは、他の人に袋を振るように指示できる。
    その上で、「他プレイヤー1人の袋から好きなだけ金貨を奪う」か「何もせずパスをする」か「袋を閉じてゲームから一時離脱」のいずれかが可能。
  • 他プレイヤー1人から金貨を奪ったら、奪われたプレイヤーは「チャレンジ」をすることが可能。
    奪わったプレイヤーと同時に金貨の中身を全て出して、自分の方が少なかったら相手の金貨を全てもらって相手を離脱させられる。
    逆に自分の方が多かったら、相手に全ての金貨を渡して自分が離脱。
  • 「袋を閉じて一時離脱」は、その時点での金貨で自分の持ち数を確定させて自分だけ終了できる。
    それ以降は他の人から金貨を奪われたり、奪うことはなくなる。
  • 以上を2周繰り返し、最終的に金貨を多く持っているプレイヤーが勝ち。



感想

2019年当時
●妻
普通だった。
何か別にあえてやろうと思わない。

●ゆづ(7歳の娘)
面白かった。
きらきらしたコインをたくさん奪えると嬉しい!

●ヨタくん(3歳の息子)
楽しかった!
だって、勝てたから!

●自分
発想とコンポーネントは良いけど、とりわけ戦術があるわけではなく、相手の方が何となく多いかな、と思ったらチャレンジをする賭けと運の要素の多いゲームだと思いました。

何人かでわいわいやると面白いのかな?
真面目にプレイしても面白さがわかりづらいので、飲み会とかでやるといいのかも。
俺的にはプレイしどころが難しいゲームでした。



総合評価

  • 総合評価:5
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:4
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性3
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):3
  • テーマ再現性:4
  • 戦術の幅:3
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:4
  • 攻撃性の低さ:4
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:7
  • 備考:コインのずっしりとした重さがGOOD

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント