レス・アルカナ (Res Arcana)

・所要時間:45分
・今回の人数:3人(俺、妻、ゆづ)

ゲーム概要

8種だけの手札を使う拡大再生産カードゲーム。

  • 中央には、「力ある場所」タイルと「モニュメント」カードが並べられている。
    これらは入手すると高得点が得られるので、これをとるために必要なコスト(トークン)を揃えていくことがゲームの核。
  • 各プレイヤーは、初期資源として5種全てのトークンを1つずつ受け取る。
    また、キャラクターカード2枚とアーティファクトカード8枚をもらい、8枚の手札を確認した後、キャラクターカードのうち1枚を選んで自分の前に置く。
    8枚のアーティファクトカードをシャフルして自分専用の山札にし、3枚を手札とする。
    また、これとは別に1つずつ魔法タイルを受け取る。
  • 各ラウンドのスタート時、各プレイヤーは自分の目の前のタイルやカードを確認し、「ラウンド開始時に特定のトークンを得る効果」のあるものがあれば、そのトークンをらう。
    その後、スタートプレイヤーから時計回りに手番。
  • 手番では、下記などの中から1アクションのみ実行。
    • 「手札を自分の前にプレイする」
    • 「自分の前に置かれているカードを横に倒すなどして効果を発動する」
    • 「力ある場所やモニュメントを中央の場から獲得する」
  • これを繰り返し、全員がパスしたらラウンド終了。
    一番先にパスした人は、中央の魔法タイルから好き1つを保有するものと交換し、さらに次のラウンドのスタートプレイヤーになれる。
  • カードやタイルは、下記などが主な効果。
    • 「ラウンド開始時に特定のトークンをもらえる」
    • 「ラウンド中にカードを横に倒すと特定のトークンがもらえる」
    • 「ラウンド中にカードを横に倒して、さらに特定のトークンを捨てると別のトークンを多数もらえる」
    • 「横に倒すと他プレイヤーを全員攻撃してトークンを捨てさせる」
    • 「横に倒すことで他プレイヤーからの攻撃を防ぐ」
    • 「手札から1枚捨てて好きなトークンを2つもらう」
  • 以上を繰り返し、ラウンド終了時に10点を越えているプレイヤーがいたらゲーム終了。
    総得点の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
面白いけど、やっぱりコンボ系カードゲームはそこまで好きになれないかな。ヒロさん、この手のゲームほんと好きだよね。

●ゆづ(8歳の娘)
難しかったけど、慣れてきて欲しいトークンが手に入ってら楽しくなってきたよ!でも、どのカードをどの順番で出したら強いのかがよくわからないや。

●自分
大好きなゲームです。デッキ構築のようにカードを度々シャッフルする必要がなく、たったの8枚を出したり横に倒したりするだけなので、すごくとっつきやすいし、プレイアビリティが素晴らしい。
どんどん拡大再生産していく何時もアドレナリン出まくりだし、場に出したカードで特定のコンボの流れが作れたらめっちゃ嬉しい。

プレイ時間も程よく、しっかりボードゲームした感も得られるところも◎。
基本的最初の8枚の手札の良し悪しで勝敗が決まりやすいので、それが気になる人はカードドラフトをやった方がいいですね。個人的にはこのくらいの運の要素は許容です。

コンボ系カードゲームは癖があるので万人受けは難しいと思うけど、その中でもかなり高位に位置するゲームだと思います。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:9
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成感:10
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:7
  • 4歳児も楽しそう度:2
  • 黄金プレイに流れがち度:30


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント