犯人は踊る(Dancing Criminal)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、ど定番の人気パーティー系カードゲームです。

ボードゲームをやり始めた頃に購入し、色んな場面で何度も遊びました。

人気作だけあって完成度が高く、ボードゲームやり始めの頃から、ボードゲームをやり込んだ今に至るまで、いつ遊んでも面白い素晴らしいカードゲームです。

犯人は踊る(Dancing Criminal)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

初心者でも家族みんなで楽しめる!
犯人カードを持つ人を探しあてるカードゲーム。

<準備>

  • プレイ人数に応じて使用するカードを選択し、全てシャッフルした上で各プレイヤーに手札を4枚ずつ配り切る。

<ゲームの進行>

  • 「第一発見者カード」を持っているプレイヤーがまず場にカードを1枚プレイし、時計回りに各プレイヤーが手札から1枚ずつカードをプレイして効果を適用。
  • 手番を繰り返し、探偵か犬が犯人を見つけるか、犯人が最後手札として犯人カードをプレイしたらゲーム終了。
  • 探偵が犯人を当てた場合は、探偵が2点、犯人以外は1点。犬が犯人を当てた場合は、いぬが3点、犯人以外は1点。犯人が
  • をプレイしたら犯人のみ2点。
  • 何度かゲームを繰り返し、先に5点に到達したプレイヤーの勝ち。
  • 各カードの効果は下記の通り。
    • うわさ:
      全員が、右隣のプレイヤーからカードを1枚ひく。
    • 情報操作:
      全員が、左のプレイヤーにカードを1枚渡す
    • 取り引き:
      誰か1人と秘密裏にカードを1枚交換する
    • 目撃者:
      他プレイヤーを1名指名し、その人手札を見ることができます。
    • 少年:
      全プレイヤーに目をつぶってもらい、犯人カードを持っている人だけ目を開け手もらうことで、犯人を把握できる。
    • 探偵:
      他プレイヤー1人を指名する。そのプレイヤーが犯人なら勝利。
    • いぬ:
      他プレイヤー1人を指名し、ババ抜きのように1枚カードを引く。それが犯人カードなら勝利。
    • 犯人:
      最後の手札としてしかプレイできない。プレイできたら勝利。
    • アリバイ:
      探偵に指名されても犯人ではないと宣言できる。
    • たくらみ:
      プレイ後は、犯人が勝利した場合のみ勝利。



感想

●妻
いつ遊んでも面白い凄いゲーム。
実家でボードゲーム初心者の家族とやっても盛り上がったね。

●ゆづ(9歳の娘)
超楽しい!!
犯人カードヲもってるとドキドキするね。
ババ抜きにちょっと似てるけど、全然こっちの方が楽しい。

●ヨタくん(6歳の息子)
ヨタくん、このゲーム凄い好き!
上手く犯人を他の人に渡して、探偵で当てられると気持ちいいねー!

●自分
最初にプレイした時は、運の要素が強すぎ?と思ってイマイチな印象でしたが、1プレイの時間の短さと、手番のテンポの良さから、毎度非常に盛り上がる凄いゲームだと気づきました。
色んな場面で重宝していて、仲の良い友達ととりあえずさくっと楽しいボードゲームしたいタイミングでは、まず間違いなく盛り上がります。

カードの種類も豊富で、入れるカードによって展開か変わるためリプレイ性なたかいところもGOODです。
お酒を飲みながら夜な夜な遊べてしまう、大富豪的な「もう一回系エンドレス中毒ゲーム」です。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 9歳児と本気で遊べる度:10
  • 6歳児も楽しそう度:10

 


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント