ブルフロッグス(Bullfrogs)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

    created by Rinker
    ノーブランド品
    ¥11,180 (2024/03/04 19:02:50時点 Amazon調べ-詳細)
    • 各プレイヤーは、自分の色の「蓮の葉カード10枚」と「カエル駒14個」「ウシガエル駒2個」を受け取る。
      蓮の葉カードをシャッフルして自分の山札とし、3枚引いて手札とする。
    • 蓮の葉カードは、「アクション数」「カエル駒を置くマス(複数)」「勝利点」が書かれている。
    • 手番では、手札から既に置かれているカードに隣接するように蓮の葉カードを1枚置き、カードに書かれた数分のアクション(カエル駒を置いたり、人のカエル駒を隣接カードに飛ばしたり)を行う。
    • カエル駒を置いたことによって、そのカードのマスが全て埋まったら、そのカードに最も多くのカエル駒を置いたプレイヤーがそのカードをGET。
      「カードをGETしたプレイヤー以外の駒 → そのプレイヤー駒」の優先順位で、隣接するカード1枚につきカエル駒を1つを移動させる。
    • 手番終了時、全プレイヤーの蓮の葉カードが全て場に出ていたらゲーム終了。
    • GETした得点カードが自分の色と同じだと1枚につきプラス1点のボーナス。
      中央にあるスタートカードの1つ「流木カード」に乗っている自色のカエル駒1個につき1点。
      ウシガエルなら2点。流木カードに最も多くの駒を置いたプレイヤーは3点。
    • 勝利点合計が最も高いプレイヤーが勝ち。



    感想

    2019年当時
    ●妻
    初めは面白かったけど途中で間延びしたなぁ。
    人に邪魔されてカエルをどかされるのも不愉快だし、イマイチかな。

    ●ゆづ(7歳の娘)
    楽しかった!
    自分のカードを置いただけでカエルをいっぱい置けるのが嬉しい!

    ●ヨタくん(3歳の息子)
    楽しかった!
    ヨタくん、ママのカエルをたくさんどかしたの!

    ●自分
    得点化してマジョリティをとった際他プレイヤー駒を隣接カードに動かすシステムが、独特のプレイ感を産みだしている。
    このシステムにより、連鎖が発生することもあるため、先の連鎖も計算に入れてカードやカエル駒を置いていくと面白い。

    他プレイヤーを邪魔する要素があるため、集中攻撃を受けると嫌な気持ちになるのは仕方ないところ。
    システム自体は独特でとても面白いが、好みが分かれるかな。

    ゲームの終了条件が全カードの使用なんだけど、同じことを繰り返すため、途中から間延びして「早く終わらないかな」と思ってしまった。
    終了条件をもう少し早く設定する工夫をすればより良くなるかな。



    総合評価

    • 総合評価:5
    • 独創性:7
    • わかりやすさ:5
    • システム洗練度:4
    • 間延び感の低さ(起伏):4
    • リプレイ性:5
    • コンポーネントの魅力:6
    • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
    • テーマ再現性:6
    • 戦術の幅:4
    • ドキドキわくわく感:4
    • 手番ごとの成長感:4
    • 攻撃性の低さ:4
    • 7歳児と本気で遊べる度:5
    • 3歳児も楽しそう度:3
    • 備考:計算通りに連鎖させた時の快感

    ~Fin~

    下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
    にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
    にほんブログ村

    コメント