シャドウレイダーズ (Shadow Raiders)

・所要時間:45分
・今回の人数:5人(俺、妻、ゆづ、ちーちゃん、あっくん)

ゲーム概要

正体隠匿系の戦いゲーム。

  • 各プレイヤーは、キャラクターカードを受け取り、自分だけが見る。キャラクターカードは「正義」「悪」「一般市民」のいずれかに属していて、各カードにはHPと特殊能力が書かれている。
  • 「正義」チームは「悪」チームを全滅させたら勝ち。「悪」チームは「正義」チームを全滅、もしくは「一般市民」を3人倒したら勝ち。「一般市民」はそれぞれ別個の勝利条件がある。
  • 手番ではダイスを振り、中央ボードに環状に並ぶスペースのうち、ダイスの出目のマスに自分のコマを置き、そのスペースのアクションを行う。
  • アクションは、下記がある。
    • 「他プレイヤーの役割のヒントを知ることができる探偵カードをもらえるスペース」
    • 「装備品や回復系の白カードをもらえるスペース」
    • 「装備品や攻撃系の黒カードをもらえるスペース」
    • 「他プレイヤーへの攻撃or回復ができるスペース」
    • 「探偵カード、白カード、黒カードのどれかをもらえるスペース」
  • スペースアクション後、自分のコマのいるスペースか、左隣のスペースにいるプレイヤーを攻撃することができる。
  • 自分の手番で役割カードをオープンすると、特殊能力を発動できる。特殊能力は、超攻撃や超回復など様々。
  • 以上を繰り返し、攻撃をくらいすぎてHPがなくなった人は役割カードをオープンして脱落。
  • 勝利条件を満たした人の勝ち。



感想

2020年当時
●妻
結構面白いね! 誰が敵なのかはじめは全然わからなくて探り探りプレイして、途中からわかると激しく攻撃しあうようになっていくのが独特。直接攻撃する系は嫌いだけど、招待隠匿でチーム制な感じなのでこれなら楽しめる!

●ゆづ(8歳の娘)
楽しかった!誰が敵か、見つけていくのがドキドキするね。

●自分
正体隠匿かつチームプレイゲームが面白くないはずがないね。ヒットしているのがよくわかるゲームです。絵柄が可愛すぎるのがちょっと好みではないけど、ゲームシステムは秀逸。

今回の俺のキャラクターは「装備品を指定数集めると勝ち」という一般市民だったので、みんなが探りあったり殴り合ったりしている中、みんなの装備品ばっかり眺めてました 笑。

自分の引きが悪くて装備品がほとんど来なかったので成すすべのないゲーム展開に。よって今回自分は他のみんなと比べてややつまらなかったのだけど、逆に次回は別のキャラクターでやりたい!というリプレイ欲求につながりました。

遊ぶ度に面白くなるゲームと言われているのがよくわかるし、何度も遊びたくなるゲームです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:7
  • 4歳児も楽しそう度:1
  • 備考:一般市民で他プレイヤーと違う目的でこそこそ動く楽しさ。

拡張もあります↓

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント