ウェルカムトゥ(Welcome to…)

・所要時間:45分
・今回の人数:3 人(俺、妻、姐様)

ゲーム概要

サイコロを使わない紙ペンゲーム!
建築家となって、3つの通りに素晴らしい住宅街を作っていこう。

  • 各プレイヤーは個人シートをもつ。
    個人シートには、3つのストリートがあり、それぞれのストリートには家が連なる。
    家は数字(番地)が書けるようになっていて、左から数字が大きくなるように書く。
  • 表に番地、裏に能力が書かれたカードを使用。
    これらのカードをシャッフルし、3つの山札にして番地面を上に中央に置く。
    3つの山札から1枚ずつ能力面を上にして、カードをその山札の横に取り出して置く。
    これにより、山札一番上の番地面と山札の横にある能力面のセットが3つ出来る。
    全プレイヤーは、同時に中央の3つのセットを見て、その中から一つを選び、その番地と能力に該当するチェックを個人シートに書き込む。
  • 番地は1~15があり、各ストリートに同じ番地は1つしか書けない。
  • 能力は6種類。
    番地の数を±2できるもの(工事現場)や、そのストリートの公園にチェックできるもの、プールにチェックできるもの、マイナス点と引きかえに、好きな家の番地と同じ番地を隣の家にコピーできるもの、団地を作るために家と家の間に柵を書けるもの、団地の点数を上げるもの、がある。
  • 番地を昇順に書けず、どこにも番地が書けない場合は、書けない欄にチェック。
  • ゲーム開始時に目的カードが3つ置かれ、達成した人はボーナス点をもらえる。
    どの目的カードも、最も早く達成した人にはさらに追加点が入る。
  • 3つの目的カードを達成した人が発生、全ての工家に番地をふった人が発生、書けない欄3つにチェックした人が発生のいずれかでゲーム終了。
  • 工事現場を使った数順の得点、森にチェックした数の得点、プールにチェックした数の得点、団地(柵に挟まれた区画)の得点、目的カード達成の得点を合計し、そこからコピーのマイナス点と書けない欄のマイナス点を引き、最も点数の高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
すごく面白い!
色々頭使うね。
何度もやると戦術が固定して飽きそうな気がする。
あと、他プレイヤーとほとんど関わらないのが気になる。
ほぼソロだよね。

●ゆづ(7歳の娘)
面白いけどすごい難しい!

●姐様(妻の姉)
面白い!
でも、長考せずにさくさく進めた方が色んな事故も発生して楽しめそう。
共通の制限時間を設けた方がいいね!

●自分
さすがはガンシュンクレバーと人気を二分する最高峰紙ペンゲーム。
噂に違わぬ凄まじい面白さです。
ビンゴゲームと一緒なので、プレイ時間を変えずに何人でも参加できるのもいい!

要素が多めだけど一度理解すればとてもシンプル。
毎回3択を迫られるのでいちいちジレンマを感じ、頭もフル回転。

個人シートの雰囲気も良いし、何度もやりたくなるリプレイ性もたまらない。

目的カードの先着以外は他プレイヤーとの絡みがないのは気になるけど、カルバと同様、ゲームバランスが良いので目的カードの先着ボーナスで勝負がわかれたりするため、その絡みのみでも一人でやってる感じがなく、俺的には丁度良い。
ボードゲーム好きな人は、迷ったら買いです。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):9
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:9
  • 7歳児と本気で遊べる度:6
  • 3歳児も楽しそう度:1
  • 公園とプールが欲しくなる人情:9
  • 130点越えをしたい欲求:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント