ゼノ(XENO)

・所要時間:10分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

名作「ラブレター」のオリラジ中田さんによるアレンジ版。

相手のカードを当てると脱落させられる「兵士」の枚数が減り、10の英雄カードも捨てられても復活できるようになり、前半の脱落リスクがかなり軽減されている。カード絵もタロット風のかっこいいものに。

  • 全18枚のカードをシャッフルして1人1枚ずつ配布。中央に英雄の復活(転生)用に1枚伏せておき、残りを山札に。
  • 手番では、山札からカードを1枚引き、2枚の手札から1枚をプレイ。特殊効果をMUST発動。
  • 特殊効果は、以下の通り。
    • 「2」は相手のカードを当てたら強制脱落させられる兵士。
    • 「3」は相手のカードを見ることができる占い師。
    • 「4」は他プレイヤーの特殊効果を受けない乙女。
    • 「5」は相手にカードを引かせて2枚のうちどちらかを裏向きで引いて捨てる死神。
    • 「6」は相手と手札のカードの強さを比べて、数字の低いほうが脱落する貴族。
    • 「7」は次の手番で3枚引いて1枚選べる賢者。
    • 「8」は相手と手札を交換する精霊。
    • 「9」の皇帝は、相手に山札から1枚カードを引かせて2枚をオープンにさせた上で1枚選んで捨てさせる公開処刑。
    • 「10」の英雄は、自分でカードを捨てることができず、捨てさせられた場合に転生カードで復帰する。ただし、皇帝によって公開処刑された場合のみ復活できず脱落。
    • 「1」の少年は、2枚目ば場に出た時は皇帝と同様の公開処刑(革命と呼ぶ)が使える。
  • 以上を繰り返し、誰か1人のプレイヤーが残ったらその人の勝ちで終了。
  • 山札がなくなったら、全員で手札のカードを見せ合い、最も数値の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
面白いね。ラブレターは序盤ですぐに殺されたあまり良い思い出がなかったけど、それが減って、もう少し推理ができるようになっていて良いと思う。
あと、中田さんとDaiGoさんの対戦動画(YouTube)がめちゃ面白かったので、見たらすごくやりたくなった!

●ゆづ(8歳の娘)
いっぱい勝てて楽しかった! 運で勝てるから嬉しい!

●ヨタくん(4歳の息子)
ヨタくん、10のカードを捨てさせられてもう嫌だった!でも簡単で楽しい。

●自分
かなり手軽で、心理戦と計算のバランスがほど良いので、すごく気軽に遊べるゲームです。

ルールも説明しやすく、箱も超小型で、カードの雰囲気も良いので常に持ち歩きたくなりました。

中田さんとDaiGoさんの対戦YouTubeはかなり面白くて、見てからプレイすると何となくの戦いから、会話による誘導・推理の要素も楽しめるようになるのでお勧めです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:皇帝カードの公開処刑をする際の優越感。


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント