ゆかいなふくろ(Absacker)

・所要時間:15分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

ふくろカードをたくさん集めるシンプルルールのゲーム!

  • 3、4、5、6、7の数字が書かれた袋カードをシャッフルして全プレイヤーに配り、各プレイヤーは山札として置く。
    そこから3枚引いて手札とする。以後、手札は常に3枚になるよう補充される。
  • 手番では、袋カードを1~3枚場に出す。
    以後、出されたカードは同じ数字に重ねていく。
  • 3のカードを3枚目に出した人は、3枚の3カードを全て獲得でき、この枚数が点数になる。
    4のカードは4枚目、5のカードは5枚目、6のカードは6枚目、7のカードは7枚目のカードを出した人がその数字のカードを総取り。
    7のカードが7点分で得点が高い。
  • 誰か1人の山札と手札が尽きたら終了。
    その時点で獲得したカード枚数が最も多い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
シンプルですごく軽い!
運の要素が大きいけど、どのカードをいつ出すのか我慢していく水面器感がたまらないね。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しい!!
これすごい得意だよ!
 
●ヨタくん(3歳の息子)
ゆかいなふくろ、たのしい!またやりたいお!

●自分
3枚の手札から好きな数カードを出すだけなので、ものすごく簡単なルール!3歳の息子も楽しめてます。

5、6、7のカードの5枚目、6枚目、7枚目を出したいが、みんなそれを警戒して5、6、7の4枚目以降がなかなか出さず、我慢比べになる。この感じが面白い。バトルラインをものすごく軽くした感じ?

プレイ時間が短く手軽で、マイナス点をくらうのではなくプラス点をとるシステムゆえに疲れづらいので、万人にオススメできます!

総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:5
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:4
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:4
  • ドキドキわくわく感:4
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:5
  • 7歳児と本気で遊べる度:10
  • 3歳児も楽しそう度:9
  • さくさくさくさくさくさく感:10
  • カードの絵の雰囲気GOOD:9

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント