バトルライン(Battle Line)

・所要時間:30分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム概要

1直線に9つ並べられた赤コマを取り合う2人専用カードゲーム。
連続する3つのフラッグか、連続してなくても合計5つのフラッグをとれば、そのプレイヤーの勝ち。

  • カードは、「部隊カード」と「戦術カード」の2種類で構成。
    部隊カードは、1~10の数字カード×6色(60枚)ある。
    戦術カードは特殊効果を発動するカードで、入れてプレイするか否かは選択制。
  • 戦術カードをシャッフルし、山札として中央に設置。部隊カードをシャッフルしてそれぞれ7枚ずつ配布したらゲームスタート。
  • 手番では、手札から部隊or戦術カードを1枚、9つのフラッグのうち好きなフラッグの横(自分サイド)に置き、部隊or戦術カードの山札から1枚補充する。
    フラッグに置く際、フォーメーション(ポーカーの役みたいなやつ)を組んでいく。
    「同色連番」(ストレートフラッシュ」が最も強く、「3カード」「フラッシュ」「ストレート」「ブタ」の順で強さが決まる。
    同じフォーメーションの場合は数字合計が高いほうが勝ち。
    各フラッグの横(自分サイド)には、それぞれ3枚ずつしかカードを置けない。
  • 自分の手番の最初に各フラッグを確認し、フラッグ獲得条件を満たしているフラッグを自分側に引き寄せられる。(=フラッグの獲得)
  • 以上を繰り返し、先に勝利条件を満たしたほうが勝ち。



感想

●妻
バトルラインは2人用ボードゲームの中で断然TOPだと思う。
買った当時は平日の夜に毎日遅くまでやりまくったよね。やり出すと止まらなくなる中毒性の高いゲーム。

●自分
2人用のゲームを数多くプレイした我が家でも、永遠に変わらずNo1の、This is the 2人用ボードゲームです。

洗面器ゲームと呼ばれているように、相手のカードを見た上でそれより優位なカードを出し続けなくてはならない我慢比べの要素が強く、1枚のカードをどこに出すかでものすごく迷い、悶絶します。

戦術カードを入れると運の要素が強くなり、劣勢をひっくり返せる楽しさが出ますが、我が家は戦術カードなしのガチプレイが大好物です。

妻と何十回とプレイしてますが、おそらく戦績は五分五分。勝つと超嬉しくてまたやりたくなり、負けると超悔しくてすぐリベンジしたくなる、中毒性の極めて高い素晴らしいカードゲームです。

総合評価

  • 総合評価:9
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:10
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:10
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):10
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:7
  • 8歳児と本気で遊べる度:5
  • 4歳児も楽しそう度:2
  • 備考:ボードゲームをかじった人全員にプレイしてほしい超お勧めカードゲーム
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ボードゲーム バトルライン 日本語版2016
価格:2949円(税込、送料別) (2021/5/14時点)


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント