それは俺の魚だ!(HEY, that’s my fish!)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

ペンギンコマを操ってたくさんの魚を集める陣取りゲーム。

  • 魚が1~3描かれたタイルを敷き詰めて並べ、いずれかのタイルの上に各プレイヤーのペンギンコマを配置。
  • 手番では、ペンギンコマを直線方向に好きなだけ動かし、欲しいタイルの上に着地。移動前にいたタイルを入手。他プレイヤーをや、タイルがない場所は、飛び越えられない。
  • 全員のペンギンコマが動けなくなったらゲーム終了。一番多くの魚を集めた人が勝ち。

 



感想

2019年当時
●妻
いつやっても面白い!狙い撃ちされて孤立するとムカつくけど、何故かまたやりたくなるね。

●ゆづ(7歳の娘)
わかりやすくて楽しい好きなゲーム。でも勝つのは難しくて、大人が有利な気がする。

●ヨタくん(3歳の息子)
ヨタくん、このペンギンのゲーム好き!

●自分
ボードゲームにハマった頃、最初に買ったボードゲームの1つ。こんな面白いゲームがあるんだ!と衝撃をうけたことを覚えてます。

当時は、バトルラインハゲタカのえじきインフェルノをまとめ買いして家族や友達みんなで遊び、どれも本当に面白くて、ボードゲームの奥行きを感じたなぁ。

このゲームは、ペンギン駒を真っ直ぐ動かすだけ、と超絶シンプルなルールなんだけど、欲しいタイルに向けて動かすだけだとたちまち孤立して、タイルを取れなくなってリタイアになる。

大事なのは、他プレイヤーの位置や狙いを考慮して、最前のポジショニングをいかにキープするか。

狙い通りに相手を孤立させたり、大量の魚タイルのある一帯であえて自分を孤立させて大量得点をした時は、突き抜ける快感がある。

時々思い出してはやりたくなる、中毒性が高い傑作。

唯一の難点は、準備でタイルを並べるのがちょっと面倒なこと。手先が不器用な俺はいちいち手が震えてタイルがずれ、吐き気を催してしまいます笑

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:4
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:8
  • ペンギン駒のポーズが可愛い:9
  • 勝った時のドヤ感:10

 

~Fin~

コメント

タイトルとURLをコピーしました