神殿之謎(Mystery of the Temples)

・所要時間:60分
・今回の人数:3人(俺、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

荒野で色んな色の魔晶石を集めて自分の魔晶盤に配置し、その魔晶石が一定の配置に揃ったら神殿の呪いを解除し、得点化するゲーム。

created by Rinker
Deepwater Games
¥2,300 (2024/07/18 16:03:06時点 Amazon調べ-詳細)
  • 中央には神殿タイルと荒野カートが、交互に円形に配置されている。
  • 手番では、自分の解除師小間を時計回りに1〜3マス移動させて、荒野か神殿に止まる。荒野では、書かれ色の魔晶石をもらったり、保有する魔晶石を別の色に交換たりできる。神殿には、魔晶石の色の配列と点数が書かれていて、自分の魔晶石がそこのいずれかの配列を満たせる場合、それらの魔晶石を支払って得点化。なお、各配列は先着1人だけが解除できる。
  • 神殿の呪いを解除したら、ボーナスとしてそこの神殿の上に置かれているルーンカード(特殊交換カード)を1枚もらえ、以降荒野で魔晶石を得る時に追加でもらえるなどパワーアップできる。
  • 以上を繰り返し、5つの呪いを解除したプレイヤーがでたラウンドでゲーム終了。神殿ごとの最多達成者と第2達成者ボーナスや、得たルーンカードの種類ボーナスを加えて、点数の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●ゆづ(8歳の娘)
まぁ楽しいかったけど、ちょっと途中で飽きちゃったかも。
同じことをずっとやってる感じがした。

ヨタくん(4歳の息子)
宝石が綺麗で楽しかったー!
でもどれを集めたらいいか難しかった!

●自分
宝石や神殿タイルなど、コンポーネントがことごとく美しい、芸術的センスの光るゲームです。

プレイ感は可もなく不可もなく、極めてオーソドックスなビックアンドデリバー。
コストの魔晶石を支払う時に個人ボード上の魔晶石の連続性に縛られるところが特徴で、ややパズル的に頭を使います。

ルーンカードによる若干のパワーアップはあるものの、基本的には魔晶石を揃えては支払うことこ繰り返しなので、単調になるのは否めない。
普通という感想がピッタリかな。

総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:5
  • 間延び感の低さ(起伏):4
  • リプレイ性:4
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):4
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:4
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成感:6
  • 攻撃性の低さ:7
  • 8歳児と本気で遊べる度:9
  • 4歳児も楽しそう度:3
  • 魔晶石のキラキラ度:1カラット

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント