アルハンブラ:ロール&ライト(Alhambra: Roll & Write)

こんにちは! ヒロです!

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、世界的名作ゲーム「アルハンブラ」のダイス&紙ペン版です。

ボードゲームが面白いと、基本的に紙ペン版、ダイス版、カード版もはずさないんですよね。
それでいて、本家と異なるシンプルさと切れ味があるので、どうしても手にとってしまいます。

アルハンブラ:ロール&ライト(Alhambra: Roll & Write)

・所要時間:60分
・今回のプレイ人数:4人

ゲーム概要

  • 各プレイヤーに建物が書かれた個人シートを配布。
  • 個人プレイヤーシートは、横は青クロダイス出目1~6、縦は黄ダイス出目1~6に対応していて、2つのダイスの出目の交差点のスペースの建物を塗っていくのが基本的なシステム。
  • 各プレイヤーは、準備の最初に青と黄のダイスを3回振って、出た数字の建物を3つ消してゲームスタート。
  • 手番プレイヤーは青2つ黄2つの4つをふって、交差点4つの中から建物を1つ選んで塗る。
    選んだ交点の青&黃ダイスは一旦避けて、残った青&黃ダイスをその出目のまま左隣のプレイヤーに渡す。
    左隣のプレイヤーは受けったら個人ボードに配置し、4つの交差点の建物から1つ選んで塗りつぶし、また使わなかった方の2つのダイスを隣のプレイヤーへ、と続けていく。
    使った方の青&黄ダイスは振り直して自分のシートに再配置する。
  • ゲームが進むと、既に塗りつぶし済みの建物の出目が出るようになる。
    この場合、4つの交差点を全て確認して、塗り潰されている建物数(1~4)のコインを獲得しても良い。
    そのその場合は4つのダイス全てを振って、好きな青・黃ダイス2を自分に、2つを隣プレイヤーに渡す。
  • コインは、手番中に1つ消費するごとにダイスの出目を±1できる。
    もしくは、3ついっぺんに消費して、交差点4つのうち2つの建物を塗ることができる。
  • 指定のラウンド数が終了したらゲーム終了。
    建物ごとのマジョリティ点と、自分の個人シートの縦横で4マス以上塗り潰した列に応じた点を合計し、総得点が高い人の勝ち。



感想

●妻
マジョリティだけど、ダイスの扱いが独特で全体的に面白いと思う。
これならまあ遊んでもいいよ。

●ゆづ(10歳の娘)
まぁまぁだったかな。
最初の方は、欲しい出目が全然もらえなくてコインばっかりだったけど、後半でコインを使って出目を変えまくったら欲しい建物をたくさん塗れるようになって良かった。

●ヨタくん(6歳の息子)
楽しかった。
ゆづちゃんと緑色の建物で競ってて、最後はヨタくんが緑色で1位になれたのが気持ち良かった!

●自分
アルハンブラとはかなり異なるプレイ感ですね。
テーマや雰囲気は同じながら、システムは別のゲームと思った方が良いです。

ダイスの交差点の建物塗るという発想はなかなか面白く、手番では窮屈感のない伸び伸びした選択ができます。
建物ごとのマジョリティはバチバチなので、いかに無駄なくちょいガミできるかが勝負ですね。

全体的に凹凸が少なく地味な展開な印象。面白いけど、何度も遊びたくなるとこまではいかないゲームかなぁ。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:4
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:5
  • 10歳児と本気で遊べる度:7
  • 6歳児も楽しそう度:7

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント