クマ牧場(Bear Park)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

パズル×タイル配置ゲーム!
中央の場から動物小屋、動物飼養場、トイレ、池、遊び場などのパーツをとって、自分だけの動物園を完成させよう!

  • 初めに1枚の動物園タイルをもらう。
    動物園タイルには、中央の場からパーツがもらえるマークと、動物園タイルを1 枚追加できるマークが描かれている箇所があり、そこを覆うともらえる。
    動物園タイルはつまで追加できる。
  • 手番では、手元のパーツ1つを動物園タイル上に置いて、マークを覆えれば概要のものをもらう。
  • 動物園タイルは1箇所パーツを置けない工事中マスがあり、これは動物園タイルの他のマスを全て埋めたらボーナスとしてもらえる動物彫刻像のみで埋められる。
  • 動物園タイル4つ全てを埋めたプレイヤーがでたらそのラウンドで終了。
  • パーツごとの点数、動物彫刻像の点数を合計し、高い人が勝ち。 



感想

2019年当時
●妻
ルールを聞いた時点で面白そうと思った。
実際にやってみて、本当に面白かった!
深みはないかもだけど、誰がやっても楽しいゲームだと思う。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しかった!
もう一回やりたい!

●ヨタくん(3歳の息子)
楽しい!
くまをたくさん集めたんだー!

●自分
面白い!
ルールはシンプルだけど悩ましい選択を十分に味わえるし、自分の動物園が完成していく満足感がある。
パズル的なタイル配置ゲームは数あれど、ここまで上手くまとめてるゲームは稀有に感じた。

点数の高いパーツは起きにくい形をしてるので、どう置いていくのが効率的か手番以外でもずっと考えてるのでダウンタイムもあまり感じない。
大き目のパーツは1枚ずつしかないので、他プレイヤーの動物園も見ておかないといきなりとられて焦る羽目に。インタラクションも適度でばっちり。

子どもたちも終始楽しそうにプレイしてました。
シンプルゆえに飽きが来るのも早そうだけど、とても気に入りました。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 7歳児と本気で遊べる度:10
  • 3歳児も楽しそう度:8
  • 配置の美しさに拘りたくなる度:8
  • 完成できないと悲しい度:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント