ブラフ(BLUFF)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

ドイツ年間ゲーム大賞受賞のサイコロを予測するブラフゲーム!

  • 「1~5と☆」が書かれたサイコロを各プレイヤー5持ってスタート。
  • 全員一斉にサイコロを振り、自分の5個の出目をこっそり確認。
  • 親プレイヤーは、特定の出目の、全員の合計個数を予測し宣言する。
    「2の目のサイコロが、全員で4個以上あります!」みたいに。
  • 左隣のプレイヤーは、親の宣言を嘘と判断して「チャレンジ」するか、「同じ個数でより大きな出目を宣言」「同じ出目でより多くの個数を宣言」する。(レイズと呼ぶ)
  • レイズされたら左隣のプレイヤーが同様にチャレンジかレイズをしていく。
  • いずれかのプレイヤーがチャレンジしたら、全員が一斉にダイスを公開。
    答え合わせをする。
  • ダイスの個数が宣言とぴったり同じなら、宣言したプレイヤー以外の全プレイヤーが1個ずつサイコロを失う。
  • 宣言内容よりも少なかったら、嘘をついていたということで、宣言したプレイヤーが事実と宣言の差分のサイコロを失う。
  • 宣言内容よりも多かったら、チャレンジをしたプレイヤーが間違ったということで、チャレンジしたプレイヤーが事実と個数の差分のサイコロを失う。
  • これを繰り返していき、サイコロを全て失ったプレイヤーは脱落。
    最後まで生き残ったプレイヤーの勝ち。



感想

2019年当時
●妻
これは面白い!
はったりも重要だけど、確率を計算するのも大事だね。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しいけど難しかった!
みんなのサイコロの数を当てるのが難しい。

●ヨタくん(3歳の息子)
サイコロ振るの楽しい!!

●自分
1993年のドイツ年間ゲーム大賞作品。
さすがの面白さ!!

サイコロを失うに連れて予測が難しくなり振りになっていくジリジリ感。
とはいえ、はったりをかまして勝負して、逆転できる可能性もある。

サイコロとブラフなので、運要素が強めと思いきや、宣言する数に必ず「悩ましいライン」が存在するため、そこをついて、他プレイヤーの表情の変化を見ると、ある程度狙って勝つことができる。よって、強いプレイヤーの勝率は常に高い気がする。この辺が凄いゲームバランス。

お酒に酔っていても、ルールがシンプルだし熱くなるためプレイしたくなる素晴らしいゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:6
  • 3歳児も楽しそう度:5
  • これぞブラフゲームの真髄:10
  • 予測が当たったときの圧倒的快感:9

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント