クク21(Cucco21)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、1プレイがあっという間に決着のつく、the・パーティーゲームです。
なんと、500年前にヨーロッパで産まれた古典ゲームのアレンジなんです。

クク21(Cucco21)

・所要時間:10分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<システム>

カード交換&大きさ比べゲーム!

<準備>

全てのカードをシャッフルして各プレイヤーに1枚ずつ配る。

<進行>

  • 親の右隣プレイヤーから順番に、自分のカードを右隣の人と交換するか否かを宣言。
    右隣の人はそれに従うか、特殊カード効果を発動する。
    これを繰り返し、親プレイヤーの手番まで来たら、親プレイヤーは山札と交換するか否かを宣言。
  • その後、全員で一斉にカードをオープン。

<得点条件>

  • カードの数字が最も小さい人がそのラウンドで敗北してマイナス点。
  • カード交換の途中で特殊効果によって脱落した人が発生した場合は、その時点でラウンド終了となり、ラウンド脱落者がマイナス点。

<終了&勝敗条件 >

  • ラウンドを繰り返し、指定のマイナス点に到達した人から敗北して抜けていき、最後の一人に残ったプレイヤーの勝ち。

<補足>

  • カードの中には特殊効果をもつものがある。
  • 1の道化師は、カードを交換して渡されたプレイヤーがラウンド脱落。
  • 6の恋人達は、交換を拒否できる。
  • 11の家と19の馬は、交換をパスして対象を右隣の人にできる。
  • 20の人間は、交換を申し込まれたら、申し込んだ人を即脱落させる。
  • 21の梟は、好きなタイミングで「そこでやめい!」と言うと、交換ストップとなって即座に数字勝負にできる。



感想

●妻
ほぼ運ゲーだけど、大人数でワイワイやると盛り上がりそうだね。
ゲーム自体に奥深さは感じないので、サクッと盛り上がりたい時用かな。

●ゆづ(10歳の娘)
交換するかしないか一回選ぶだけの、すごいシンプルなゲームだね。
頑張っても勝ちようがない気がするなぁ。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!
交換した時に相手をアウトにできるカードが強くて好き!

●自分
シンプルさ、ここに極まれり。
ルール説明は10秒でいけます。
どんなにゲーム慣れしていない人でもすぐに理解して遊べる優れたパーティーゲーム。

ほぼ運なので、勢いに任せて大笑いしながら遊べる人や、運自体の良し悪しを楽しさに折り込める人向け。
カードの特殊効果を発動する際に、カードのキャラクターになりきって、「汝滅びよ!」「お断りします!」「そこでやめい!」などと言うとめっちゃ盛り上がります。
個人的には便利で好きなゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):10
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:5
  • 10歳児と本気で遊べる度:8
  • 6歳児も楽しそう度める:7


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント