ダブルナイン(Double Nine)

・所要時間:15分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

10種のキャラクタースキルを使って、より大きな2ケタの数字を作るゲーム!

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,427 (2024/04/19 05:55:41時点 Amazon調べ-詳細)
  • 目の前にプレイした2枚のカードを1桁・10桁の数字とみなし、数が最も大きい人が勝ち。
  • 全てのカードをシャッフルして、各プレイヤーに1枚ずつ配布し、残りを山札にしてゲームスタート。
  • 手番では、山札から1枚カードを引いて手札を2枚にし、そのうち1枚を自分の目の前に「1の位」か「10の位」として左右どちらかに配置。
    その際、そのカードの効果を実行する。既に置いてあるカードがあれば、その上に重ねて置く。
  • カード効果は、下記など。
    • 「他プレイヤーのカード置き場に配置する」
    • 「隣のカードの効果をコピー」
    • 「全員手札のカードを隣の人に渡す」
    • 「他プレイヤー全員自分の眼の前のカードの1の位と10の位のカードを入れ替える」
    • 「必ず1の位に置かなくてはならない」
  • 上記を繰り返し、山札と手札が全てなくなったらゲーム終了。
    2桁の数字が最も大きい人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
シンプルで良いよね。
運の要素もかなりあるから気軽だし!

●ゆづ(8歳の娘)
短いゲームだね!
どのカードも効果があるから、すぐ数字が変わって楽しかった!

●ヨタくん(4歳の息子)
面白かった!!
ヨタくん、このゲーム得意だよ!!

●自分
以前ゲームマーケットで説明を聞いてその場で買った作品。
直感通り面白く、これまで何度もプレイしてます。

ルールがシンプルでわかりやすく、運の要素が多いので楽にプレイできるのが良い。
かといって運任せで勝てるわけではなく、場に出されているカードをある程度記憶して置いて、残っているカードから勝ち筋を組み立てることも必要。良いゲームです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:9
  • 4歳児も楽しそう度:9
  • 備考:終盤のどんでん返しに全てがかかっています。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント