エスカレーション!(Escalation!)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:10分

ゲーム概要

名作「バトルライン」の作者クニツィア氏のシンプルカードゲーム!
前の一人より大きい数字を出して、一番早く手札を出し切ろう。

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
¥1,870 (2024/07/23 23:07:17時点 Amazon調べ-詳細)
  • 1~13の数字が書かれたカード、1~7のどれにもなれるジョーカー、パスカードで構成。
    全てをシャッフルし、各プレイヤーに6枚ずつ配布して残りは山札に。
  • 手番では手札からカードを好きな枚数プレイ。
    2枚以上出す場合は全て同じ数字カードの必要があり、数字は足した合計にできる。
    前の人の出した数字よりも大きな数字でないと出せない。
    カードをプレイしたら出した枚数山札から補充。
  • プレイできなかったりしたくなかったら、それまで出された場のカードをマイナス点として全て受け取り、自分からリスタート。
    好きなカードを出せる。
  • 山札が尽き、誰か1人の手札が尽きたらゲーム終了。
    残った手札をマイナス点として加え、ゲーム中にマイナス点としてうけとったカードが少ないプレイヤーの勝ち。



感想

2019年当時
●妻
結構面白いね。
出せずに大量にカードを引き取るとほんと悔しい。

●ゆづ(7歳の娘)
初めにたくさんカードをもらった時は泣いちゃったけど、今は大丈夫。
面白いゲームだと思う。

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった!
強いカードを出せばいいんだよ!

●自分
出せるだけカードを出し続け、限界を超えると全てカードを引き取る感じはインフェルノに良く似てます。
数字を複数枚一緒に出せるとすごく気持ちが良い。

カード運の要素が大きいけど、場の流れを感じて出せてもあえて途中で切ってマイナスを受け取り、自分からスタートする見極めも大事な気がします。
気軽だし盛り上がるし、何度やっても空きにくい良いゲームですね。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:エスカレートしていく恐怖と、複数出しができた時のやったった感がスパイスの、刺激的ゲーム。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント