エスケープ:ロール&ライト (Escape: roll & write)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

宝石を目標の数集めて神殿から脱出を目指す協力型紙ペンゲーム

created by Rinker
Queen Games
¥4,496 (2024/03/04 22:47:41時点 Amazon調べ-詳細)

<準備>

  • 「探検シート」1枚を中央に配置。全員共通で使用。
  • 「探検シート」上の宝石トラックの「目標宝石数」にチェック。
    ※プレイ人数によって目標宝石数が異なる。
  • 「神殿シート」を各プレイヤーに1枚ずつ配置。
    各プレイヤーは、「神殿シート」の上下左右いずれかに自分の駒を配置。
    ※ 他プレイヤーと被らない位置に。

<ゲームの進行>

  • スタートプレイヤーは、ダイス8個を2個ずつ振って、下記いずれかを選択。
    • 黒のお面の出目は探検シートの呪いエリアへ配置
    • 黒のお面以外の出目は、「手元に獲得」or「他プレイヤーに上げるために中央に出す」
  • これを8個のダイス全て振り終わるまで行う。
  • その後、手番プレイヤーは手元に確保したダイスの出目を使って、探検シート上の自分の駒を隣接する部屋に進める。
    ※各部屋にはダイスの出目に対応するマークが2つ描かれている。
    入った部屋に「宝石」や「ボーナスアクション獲得マーク」が描かれていたら、神殿シートの「宝石の欄」もしくは「ボーナスアクションエリアの中の該当アクションの欄」にチェック。
    → ボーナスアクションエリアの各アクション欄が一定数埋まると宝石を獲得。(= 宝石の欄にチェックできる)
  • 手番プレイヤー以外のプレイヤーは、手番プレイヤーが「他プレイヤーに上げるために中央に出す」で出されたダイスを、手番プレイヤーの左隣から1or2個獲得していく。
    神殿シート上の「宝の地図エリア」の、獲得したダイスの出目に対応するマークにチェック。
    → 宝の地図エリアで一定数のチェックが入ると宝石やボーナスアクションを獲得。
  • 次のプレイヤーは、
    • まず、探検シート上の呪いのエリア上のダイスを1つ右のスペースへ進める。
      ※ 呪いのエリア上のダイスは使用不可だが、スペースを進めた結果3つ目のスペースから脱出したら手番プレイヤーの手元に戻る。
    • その後、使用できる全てのダイスをもらい、2個ずつ振る。以降は上述と同様に進行。
    • 探検シート上のボーナスアクションにチェックがついているアクションは、手番プレイヤーが任意の数使える。
      ボーナスアクションは、「ダイスを2つとも振り直す」「ダイス不要で隣の部屋に入る」
      「ダイス出目1つの代わりになる」など協力。使用したら塗りつぶす。
  • 2人のプレイヤーが、それぞれの神殿シート上の同色の「特別な部屋」に同時に入ると宝石2個を獲得。
  • 以上を繰り返して、プレイ人数に応じた指定のラウンド数が終わる前に、「目標宝石数以上の宝石を獲得」かつ「全プレイヤーが神殿シートの中央の出口マスに到達」ができれば 全プレイヤーの勝利!
  • ラウンド終了時までに未達成の場合は全プレイヤーの敗北。



感想

●妻
シンプルなルールだけど考えどころが多い面白い紙ペンゲームだね。
手番の時に、自分がダイスを使うか、他プレイヤーに上げるかで常に悩む。
ある程度自分でダイスをもらって自分のコマをガンガン進めて宝石を自分でどんどんとらないとだし、
一方で他プレイヤーにダイスを上げて宝の地図を埋めてもらって宝石を獲得するのも大切。
後宝石2個のところで負けちゃったところから、ゲームバランスがかなり良いと思う!

●ゆづ(9歳の娘)
みんなで相談しながら、どのダイスが欲しいとか言い合うのが楽しかったね!
ちゃんと協力して、みんなにとって一番良い方法を探さないと勝てないね。

●ヨタくん(5歳の息子)
めっちゃ楽しかった!
最後惜しかったな~!!

●自分
珍しい協力型の紙ペンゲーム。ルールがわかりやすくゲーム難易度も絶妙で、好感触です。
「どのダイスが欲しいか」「特別な部屋にどの2人が同時に行くか」など、相談すべきポイントも明確なので協力しやすいです。
全員で、どの宝石を狙っていくのかを相談し合いながら、最短距離で手番をこなしていきます。
初回は惜しくも達成できなかったので、次こそ!!



総合評価

・総合評価:7
・独創性:9
・わかりやすさ:7
・システム洗練度:7
・間延び感の低さ(起伏):7
・リプレイ性:8
・コンポーネントの魅力:7
・脳汁感(ジレンマ味わい度):7
・テーマ再現性:6
・戦術の幅:6
・ドキドキわくわく感:7
・手番ごとの成長感:6
・攻撃性の低さ:10
・9歳児と本気で遊べる度:9
・5歳児も楽しそう度:8
・備考:協力ゲームは、達成できそうで達成できない難易度設定が良いですね。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント