グラストンベリー (Glastonbury)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲー厶は、一対一対戦ゲームの傑作「銅鍋屋」のリメイクで、4人までの複数人対戦ができるようになっています。
記憶力が大事なセットコレクションです。

グラストンベリー (Glastonbury)

created by Rinker
¥3,300 (2024/05/25 14:26:11時点 楽天市場調べ-詳細)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 魔法の材料を集めるセットコレクション。
  • 6×6の形で材料カードを並べ、外周沿いに各プレイヤーの駒を配置。
  • 手番では、外周沿いを自分の駒を時計回りに進めていき、止まった場所と同じ列の好きな材料カード1枚を手に入れる。
    次の手番では、前回手に入れた材料カードの数字分、自分のコマを進めて、止まった場所と同じ列の好きな材料カードを1枚手に入れる。
    手に入れた材料カードは前のカードの上にぴったりと重ねていき、下のカードは見てはいけない。
    なお、コーナーに止まってしまうとカードを取れない。
  • 上記を繰り替えし、山札が尽きて補充がなくなった後、どこか1列のカード全てが取られた時にゲームが終了。
  • 素材カードは18種あって、集めた同じ素材カードは1枚だとマイナス点、2枚だと0点、3枚以上でプラス点になり、以降集めるだけ高得点になっていく。
    さらに、自分の色と一致する色の素材だとトータルの得点が倍になる。
    総得点が一番高い人の勝ち。



感想

●妻
銅鍋屋も面白かったけど、4人で遊べるのはいいね!
とったカードをほんと覚えられなくて笑える。

●ゆづ(9歳の娘)
楽しい!
ルールもシンプルだし、どのタイルをとるかがずっと悩ましくていいね。
友達とも遊ぶ時にも持っていって遊んだよ☆

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!
ヨタくん覚えるの得意だから強いよ。

●自分
獲得したカードの数字が次に進める歩数を決めるというのは、とてもよくできたシステムです。
欲しいカードがあるのに、これをとると次はいいカードかまとれない、、など悶絶しまくります。

先の先の手番まで考えながらプレイしていくんだけど、銅鍋屋と違って4人プレイなので次の自分の番の時は残っているカードが結構変わるというどうにもならない感も楽しい!
何より、獲得したカードを自由に見ることができないという縛りにより、年長者も子供も対等に遊べるバランスがGOOD!

ルールもシンプルなので、登場機会が多くなりそうなゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:10
  • 6歳児も楽しそう度:9

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント