ハワイ(Hawaii)

  • 所要時間:90分
  • 今回の人数: 3人(俺、妻、ゆづ)

ゲーム概要

ワーカープレイスメントゲーム!中央の島を歩いて、小屋やダンサーなどのタイルを買い、自分の村を充実させていこう。

  • 各プレイヤーは村ボードを保有。
    村ボードには5つの村を置くことができる。
    各村は、小屋タイルを始め、ダンサータイルやフルーツタイルや池タイル、神様タイルなどを置いていくことで発展していく。
  • 中央島の各場所に配置されているタイルを購入するには、欲しいタイルがある場所まで「足コマ」を歩数分支払って移動し、その場所にある価格チップの値段分「貝殻コマ」を支払う必要がある。
    購入した際、その価格チップをもらえる。
  • ラウンドごとに価格チップ収集ノルマが決まっていて、そのノルマを達成したら勝利点をもらえる。最も集めた人と、その次の人はさらに多くの勝利点をもらえる。
  • ラウンド終了後、ラウンドごとに指定の数の足コマと貝殻コマを全員がもらえる。
  • 勝利点を得る方法は何パターンかある。下記など。
    • 村ボードに置いた小屋タイルの中には、 その後価格チップを入手るする度に勝利点をもらえるものがある。
    • 池タイルを置いた村は、ゲーム終了時にその村に置かれたフルーツタイルの種類に応じた勝利点をもらえる。
    • ダンサータイルを置いた村は、ゲーム終了時にその村にお帰れたタイルの枚数分の勝利点をもらえる。
  • 5ラウンド目が終わったらゲーム終了。勝利点の合計が大きい人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
面白かった! お買い物系ゲームはやっぱりいい!
毎ラウンドの価格チップノルマが厳しくて、ひいひい言いながらやる感じが楽しいね。
ただ、毎ラウンド価格チップを置き直すのがかなり面倒だったのでそこが残念。

●ゆづ(7歳の娘)
面白かった!フルーツをたくさんとったら勝利点もいっぱいもらえた。またやりたい。

●自分
色々と細かいルールが多いので大変かと思ってたけど、やってみるととてもシンプル。

足コマ使って移動して、貝殻コマを使ってタイルを購入して村に置く、というアクションを繰り返していくだけ。その意味で、やることは単純明快。
にも関わらず、村に置くタイルの種類によって勝利点が違う上に、各ラウンドで使える足コマ、貝殻コマが限られるため、どのタイルをどう取っていくのか道筋を立てて逆算する必要があり、とても戦術性が高く、深みを感じる。

初心者にもわかりやすく、上級者は戦術の追求の楽しさがある、非常に完成度の高いゲームです。

毎ラウンドのスタート時に価格チップを袋から引いて並べ直す手間が面倒だけど、まぁ5ラウンドだけなので、そこを我慢すれば素晴らしいゲーム体験が待ってます。

まだやったことのない人はぜひやって欲しい!

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:9
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:9
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:1
  • なんでハワイなんだっけ?度:9
  • 神様タイルのやばめ感:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント