ラッツィア (Razzia!)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、姉様)
・プレイ時間:45分

ゲーム概要

バースト&競りゲーム!
クニツィア氏の3大競ゲームの1つ「ラー」のカード版リメイク作品。

created by Rinker
ノーブランド品
¥8,980 (2024/03/04 19:48:49時点 Amazon調べ-詳細)
  • プレイヤーの人数に対応した小切手チップ(2,000円から13,000円)を、3つずつプレイヤーに配布。
    小切手は公開情報。
    中央に最も安い1,000円小切手を配置。
    シャッフルした獲物カードの山札を中央に置いてゲームスタート。
  • 手番では、山札から1枚カードをめくるか、強制的に競りのスタートを宣言するかのどちらかができる。
    強制的に競りをスタートした場合は、宣言したプレイヤーの隣りのプレイヤーから順番に小切手チップを1枚出すかパスするかをする。
    宣言したプレイヤーが最後に小切手を出すかパスしたら、最高額の人が表になっている全ての獲物カードと、中央に置かれた1,000円小切手をGET。
    もらった小切手は裏向きにしてこのラウンドでは使わず、次のラウンドから使用できるようになる。
    入札に使った小切手は1,000円小切手の代わりに中央に置かれ、次に落札した人がもらえるようにする。
    ちなみに、他プレイヤーが全員パスした場合、宣言したプレイヤーは必ず入札しないといけない。
  • 「7枚目の獲物カード」か「警官カード」がめくられたら場合も、めくったプレイヤーの次のプレイヤーから競りを行う。
    この場合は、強制競りと異なり全員パスもOK。
  • 獲物カードの中には泥棒カードがあり、これを保有するプレイヤーは、手番にカードをめくったり強制競りを宣言することの代わりい、泥棒カードをプレイしてテーブルにある獲物カードを1枚をもらうことができる。
  • 3つ目の小切手を使い終わったプレイヤーはラウンドから抜けて待機。
    全プレイヤーが小切手を使うか、警官カードが累計で7枚場に出されたらラウンド終了となり、得点計算。
    獲得した獲物カードに応じた得点を計上。
    最多数保有のプレイヤーが5点・最小保有数プレイヤーがマイナ2点になる「ボディガードカード」、持っていないとマイナス5点・3つ集めると5点・4つで10・、5つで15点の「アクセサリーカード」、1枚ごとに2点の「泥棒カード」、3点の「金貨カード」など。
  • 得点計算をしたら次のラウンドへ。
    中央に置かれた獲物カードは全て箱に戻す。
    各プレイヤーの獲得したカードは、ド老棒・運転手・アクセサシー・金貨のみ箱に戻し、それ以外は持ちママに。
    前ラウンドでもらった3つの小切手を使って同様の競を行う。
  • 3ラウンド終了時の得点計算では、これまでに集めた「商売カード」と最後に手元にある3つ小切手チップの得点も計上する。
    商売カードは、種類数の点数(集めた種類が多いほど高得点)と、同じ種類を3枚・4枚集めたことによる点数(3枚で6点、4枚で10点)になる。
    手元にある3つの小切手チップの合計金額が最大の人は5ポイント、最小の人はマイナス5ポイント。
  • 合計点が最も高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
3つの小切手から1枚を選ぶだけの競りだから、金額で迷わない分、他の競りゲームよりもやりやすいね。
カードを集めて得点する系のゲームは好きだから、結構好きなゲーム。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しかった!
アクセサリーと商売カードをたくさん集めると強い気がする。

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった!
泥棒カードは好きなカードがもらえて嬉しい!

●自分
メディチモダンアートと並ぶ、クニツィアの3大競ゲームの1つ「ラー」のカード版リメイク作品。
入札金額が手元の3つの小切手チップの3択のみのため、非常にすっきりしていてわかりやすいプレイ感。

セットコレクションとしてもバランスが良く、基本的にはどのカードも集めるだけ得なのでなんか楽しい。
基本的には、良いカードがたくさんもらえる機会まで高額チップを温存し、勝負どころで仕掛けるわけだけど、みんな考えていることが一緒なので思い通りにいかなくて悶絶する。

程よいジレンマ、わかりやすい競り、楽しいセットコレクションと、総合力が高いと思う。クニツィアの3大競りゲームの中で唯一初心者ともできるゲームかな。個人的にはフォーセールと並ぶ傑作競りゲームです。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:7
  • 備考:欲しい獲物カードを安く入手できた時のしめしめ感。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント