小太刀(Kodachi)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

チキンレース&デッキ構築系カードゲーム!

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥2,750 (2024/05/25 23:01:38時点 Amazon調べ-詳細)
  • カードは大きく2種類。
    手札に加わり攻撃ポイントや補助効果を発揮でき、かつゲーム終了時の勝利点になる「屋敷カード」と、屋敷カードを獲得するための資源になる護衛カード」。
    屋敷カードと護衛カードをそれぞれシャッフルして山札に。
  • 各プレイヤーは同じ構成の初期屋敷カードを受け取り、シャッフルして自分のデッキに。
    そこから6枚引いて手札に。
  • 手番では、まず屋敷カード護衛カードの山札から1枚ずつめくる。
    • 護衛カードの数値を確認し、この手番で「登場するすべての護衛カードよりも大きな数値を出し続ける」か「低い数字を出し続けるか」を決め、その上で手札から攻撃ポイントのある屋敷カードを1枚出す。
    • 屋敷カードの中に補助効果のあるカードがあれば追加で出してOK。
  • 1枚目の護衛を倒した後、続けるか終えるかを選択。
    続ける場合は、さらに屋敷カード・護衛カードを1枚ずつめくり、手札から屋敷カードを出す。
    成功したらさらにもう1度と、5枚目まで続けることができる。
    突破した護衛カードが1~2枚の場合は、めくられた屋敷カードと護衛カードから1枚だけ獲得できる。
    3枚突破なら2枚、4枚突破なら3枚、5枚突破なら4枚獲得できる。
    護衛カードは無料でもらえるが、屋敷カードは書かれた条件を満たすだけ護衛カードを支払う必要がある。
    めくった結果、護衛を突破できなればカードは1枚も獲得できない。
    なお、手番プレイヤーの成否に関わらず、他プレイヤーは時計回りでめくられたカードから1枚ずつ獲得できる。
  • 護衛カードの中には強力なカードがあり、裏面の色で判別できるようになっている。
    よって、次をめくるか否かの判断材料にできる。
  • 屋敷カードの中には氏族カードがあり、氏族カードを獲得して手札にした後に使用すると、該当の種類の氏族チップをもらえる。
    氏族チップは全3種×3枚ずつあり、1人のプレイヤーが全種1枚ずつ獲得するか、全チップがなくなったらゲーム終了。
  • 手札の屋敷カードの得点に氏族チップの得点を加え、合計点の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
うん、楽しかった。
手番の最初に、高い数字で行くか低い数字で行くかを決めるのが悩ましいね。
そのうえで、次をめくるかどうかもかなり悩む。
とった屋敷カードが手札に加わってパワーアップしていく感じもいいね!

●ゆづ(8歳の娘)
面白かったけど難しいなぁ。
あまりカードがとれなかったし。

●ヨタくん(4歳の息子)
面白いけど、めくって失敗すると悔しいから嫌だな。

自分
チキンレースとデッキ構築が見事に融合していて完成度が高いです。
1度にたくさんのカードをとりたいところだがかなり難しい。
ただ、手札マネジメントによってある程度コントロールができるため、運の要素が高すぎないところが好感度大。

デッキが強くなっていく快感を味わいつつ、勝負所でのめくり運勝負の熱さが素敵な秀作カードゲームです。
プレイ時間がちょっと長いのが惜しいかな。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 8歳児と本気で遊べる度:7
  • 4歳児も楽しそう度:6
  • 備考:カード絵の日本人が妙にリアルで芸術性を感じます。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント