ラマ(L.A.M.A)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 1~6までの数字カードとラマカードをシャッフルし、各プレイヤーに6枚ずつ配布。残りを山札に。
  • 山札の1枚目をオープンし、ゲームスタート。
  • 手番では、オープンされているカードと同じか1つ上の数字のカードを、オープンされてるカードに重ねて出す。「6の次はラマ」、「ラマの次は1」と数字は循環する。
  • 手札を出せない場合は、山札から1枚引くか、手札を残してラウンドから降りるか選択。
  • 誰かが手札をなくすか、全員がラウンドを降りたら得点計算。
  • 残った手札はその数字がマイナス点。マイナス点チップをその数分もらう。ラマはマイナス10点。ただし、同じ数字のカードはマイナスは1枚しかカウントしないでOK。
  • 手札をなくした(上がった)人は、ボーナスとしてマイナスチップを1枚返せる。マイナスチップは10で黒チップ1枚に両替できるため、戻すなら黒チップを戻したい。
  • 誰かがマイナス40点になったら終了。マイナス点の最も少ない人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
面白い!!ルールすごく単純なのに、なんかやみつきになる。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しい!!もっと遊びたい!

●ヨタくん(3歳の息子)
ヨタくん、ラクダのゲーム大好き!早くまたあそぼ!

●自分
ルールは驚くほどシンプルなので、1分で説明できる。にも関わらず、「同じ数字か1つ上の数字を出す選択」「カードを引くか降りるかの選択」の2つの選択に終始悩まされ、凄まじく面白い!

「同じカードのマイナス点は1回のみ計上」「あがればマイナスチップを1枚返せる」の2つの要素によって、逆転の可能性が常に残されていて、一方的な展開になりにくい。

シンプルなルールで気軽にプレイでき、奥行きがあり、飽きさせない。大富豪やトリックテイキングと比肩する素晴らしいカードゲームです。さすがクニツィア先生!!!

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:10
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:10
  • 3歳児も楽しそう度:9
  • クニツィア先生の凄さ再認識度:9
  • 毎日やっても飽きなそう:9

~Fin~

コメント

タイトルとURLをコピーしました