三国殺(Legends of the Three Kingdoms)

・所要時間:45分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

三国志をテーマにした2~10人用の正体隠匿系カードゲーム!

  • 各プレイヤーは主公、忠臣、反賊、内奸のいずれかの身分となり、それぞれの勝利条件の達成を満たす。
  • 特殊能力を持つ武将カードは、ゲームごとに使うかどうか選択でき、使うとより派手な展開になる。
  • 主公は、全ての反賊と内奸を倒したら勝ち。
    忠臣は、主公が倒される前に全ての反賊と内奸を倒したら勝ち。
    反賊は、主公を倒したら勝ち。
    内奸は、主公以外を全て倒した後、最後に主公を倒したら勝ち。
  • ゲーム準備では、まず全プレイヤーに身分カードを配布する。
    主公のプレイヤーだけオープンにして自分の身分を全プレイヤーに知らせる。
    その後、全員にカードを4枚ずつ配布したらゲームスタート。
  • 手番では、山札から2枚のカードを引いた後、好きな枚数のカードをプレイ。
    「殺」(攻撃カード)だけは、手番で1枚しかプレイできない。
  • カードは他プレイヤーを攻撃する「殺」、攻撃された時に防ぐ「閃」、自分や他プレイヤーの体力を回付す来る「桃」の3種をメインに、攻撃の効果や範囲を増す武器カード、攻撃を回避できる確率を上げる防具カードや、様々な特殊効果を発動する特殊カードなどがある。
  • 攻撃されて体力が9になったプレイヤーは倒されて脱落。
    脱落時に、他のプレイヤーに「桃」をつかってもらえたら生き残ることができる。
    倒されたプレイヤーは身分を公開する。
  • 勝利条件を達成した段階で、その身分のプレイヤーの勝ちでゲーム終了。



感想

●妻
面白かったよ。
誰が敵かわからなくて攻撃しまくって、少しずつ立ち位置がわかる感じが良いね。

●ゆづ(9歳の娘)
ずっと攻撃されて、どうしたらいいかわかんなくて難しかった。
パパが、ママを味方なのに攻撃しまくってて面白かった。

●ヨタくん(5歳の息子)
なんか、みんなが攻撃してきて負けたからすごく嫌だった。

●自分
忠臣は反賊を倒すべく主公以外を攻撃しまくり、反賊は他プレイヤーから集中攻撃を受けるのを避けつつ敵を減らすために主公以外のプレイヤーを攻撃しまくり、内奸は主公以外の他プレイヤーを全て倒すべく他プレイヤーを攻撃しまくる、という状態なので、ゲームがスタートしてしばらくは全員が忠臣のふりをして主公以外を攻撃しあう展開に。

誰がどの身分なのかわからないまさに招待隠匿な展開で冒頭からワクワクできます。
どのプレイヤーの勝利条件も、基本的に他プレイヤーを攻撃すれば勝利に近づくので、迷いなくプレイできるのもGOOD。

この手のゲームはゲーム時に決まる立場によって他の清水ら勝ったりするのだけど、このゲームはどの身分でプレイしてもドキドキハラハラ疑心暗鬼んな展開を楽しめるのが良いところ。
気の合う仲間と大人数でガンガン攻撃しあって盛り上がれると最高に楽しいと思います。

カード絵が美しく、テーマの三国志も好きなので、個人的にかなりお気に入りのゲームです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:4
  • 9歳児と本気で遊べる度:7
  • 5歳児も楽しそう度:6(感じが読めないので事前に効果を記憶させる必要あり)
  • 備考:非常に美しく完成度の高いカード絵に驚きます。昔のカードダスのキラカードを思い出しました。

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 



コメント