ハントダウン(Huntdown)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

協力&ブラフゲーム。プレイヤーは石器時代での狩りを行う。

  • 獲物カード(動物カード)には、「3種類の武器のうちどの武器が何枚あれば狩りに成功できるか」と「狩りに成功したら何色のチップを何枚もらえるか」が書かれている。
  • 12枚の獲物カードをシャッフルし、山札として中央に配置。各プレイヤーに、武器カードをシャッフルし5枚ずつ配布。
  • 獲物カードの山札から1枚カードをめくる。これを確認し、書くプレイヤーはみんなで相談しながらカードを1~4枚目の前に伏せて置く。
  • 全員で一斉に公開し、狩りに成功したか判定。
  • 狩りに成功したら、最も武器を多く出していたプレイヤーがボーナスチップから好きなものを2つGET。
  • 次に多いプレイヤーが好きなものを1枚、以降、武器を出したプレイヤーが多い順にトークン1枚ずつとり、まだ余っていたら最も多いプレイヤーから1枚ずつさらにもらえる。
  • 狩りに失敗した場合は、こん棒カードを最も多く出していたプレイヤーが白チップを1枚貰い、さらに最もこん棒が少ないプレイヤーから好きなチップを1枚奪える。
  • こん棒を誰も出してなければ場が流れて次へ。
  • 手札を補充し、次の獲物カードを山札から捲って次のラウンドへ。
  • 12ラウンド終了時にゲーム終了。
  • ボーナスチップ1枚で1点。
  • 各色のチップ枚数をプレイヤー間で比較し、単独最多のプレイヤーは3点GET。
  • 4色全てのチップをもっているプレイヤーはさらに3点GET。
  • 最も得点の高いプレイヤーが勝ち。

 



感想

2019年当時
●妻
これは面白いね。途中からみんな嘘だらけでこんぼうだらけ(笑)

●ゆづ(7歳の娘)
楽しかったけど、こん棒とたいまつを間違えて出して、ボーナスチップをとれない時、悔しかった。

●ヨタくん(3歳の息子)
ヨタ君くやしかった。だって、負けたの。

●自分
これはちょっと癖になるゲームですね。面白い。

初めのうちは、「俺がたいまつを2枚出すね」とかみんなでわいわい協力して、ボーナスチップを分け合うんだけど、成功の難しい大物の獲物の時は、「俺がたいまつ2枚、ヨタくんが槍3枚、ゆづが斧3枚、でぎりぎりいけるね!」といいながら、みんな武器を出さずにこん棒を出したりする。そんで、「なんだよ~」と笑う、みたいな。

この「真実と嘘」「協力と裏切り」が混ざりながらプレイが進んでいく感じが独特でとても面白い。ダウト系ゲームはたくさんあるけど、協力ゲームと両立するゲームは少ないと思う。

プレイ時間が短く、ルールがシンプルで軽いので、今後も重宝しそうなゲームです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:7
  • 備考:大きな獲物をみんなで仕留めるとなんだかんだ嬉しい

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント