ウィ・ウィル・ウォック・ユー! (We will Wok you!)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:30分

ゲーム概要

セットコレクション系のカードゲーム

  • 中央に鍋カードを所定の枚数配置。また「野菜カード3枚セットを2つと、その横に6枚のコインカード」を配置。
  • さらに「野菜カード2枚セットを2つと、その横に4枚のコインカード」を配置。コインカードはそれぞれの野菜カードセットの値段を表していて、場に置いてあるコインカードと同じ枚数のコインを支払うと対応する野菜カードセットをまるっともらえる。
  • 野菜カードは色んな野菜が描かれている他、上部に「はし」「スプーン」などのマークが1or2つ描かれている。同じマークのカードを4枚揃えたら、自分の目の前に表向きで置き、中央の場から好きな鍋カードをもらえる。
  • 各プレイヤー、コインカード3枚をもってスタート。
  • 手番では下記のいずれかを行う。
    • 「中央の場のお金を1円もらう」
    • 「中央の場の野菜カードを買う」
    • 「鍋カードをもらう」
  • お金をもらうとその分中央の野菜カードセットが安くなる。野菜カードを買うと、支払った金額がそのままそのセットの横に加わるので値段が倍になる。
  • 鍋カードは、カードごとに異なる得点方法が書かれていて、ゲーム終了時に「手札」と「目の前に表向きに置いてあるカード」が鍋カードの得点方法に該当していると得点できる。例えば、「エビのカード4枚とたこカード5枚あれば、20点」など。
  • 手番アクションを繰り返し、中央の場の野菜カードが尽きたら最後ラウンドを行いゲーム終了。その後鍋カードによる得点計算を行い、点数の高い人の価値。



感想

2019年当時
●妻
これは面白い。すごくいいね!! システムがなるほど~って感じ。ジレンマもすごい。すごいカードゲームだね。

●ゆづ(7歳の娘)
すごく面白い!!ルールが簡単なのに、勝つのが難しいね!

●ヨタくん(3歳の息子)
すごい楽しかった!お野菜カードをいっぱいもらえて嬉しかった!!

●自分
馬鹿っぽいカード絵ながら、ゲームシステムは非常に洗練されていて美しい。一つ一つの選択が他プレイヤー相手を利することになるため、無駄な手番がなくずっと悶絶し続ける。

鍋カードをとるために必要な野菜カードをとりつつ、鍋カードの得点に合う野菜カードもとらなくてはならないという2つの選択が相反することが多くてとても悩ましい。

他のカードゲームでは味わえない深く美しいジレンマ。何度か繰り返しプレイするともっと面白さが増してきそう。久しぶりに痺れるカードゲームに出会いました。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:8
  • 備考:短い時間・簡単なルールの中にちりば見られた珠玉のジレンマ

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント