リベリオン (REBELLION) 

●所要時間:60分
●今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要   

正体隠匿系チーム対戦マジョリティゲーム。

  • 5枚の建物カードを中央に並べる。各プレイヤーに、王国派か反乱派が書かれた身分カードを1枚ずつ配布。兵カードをシャッフルしてプレイヤーに均等に配りきったらゲームスタート。
  • 手番では、「手札からの1枚の兵カードを中央の5つの砦のいずれかに配置する」か、「敵陣営だと思ったプレイヤーを攻撃する」のどちらかを実施。攻撃はゲーム中各自1回しかできない。
  • 兵カードは、王国派、反乱派があり、それぞれ戦闘力1のカードと、戦闘力3のカードがある。また、通常は表向きで配置するが、一部の「枠付き」カードは裏向きで配置する。 
  • 「敵陣営だと思ったプレイヤーを攻撃する」を実施したら、攻撃された人は自分の陣営の兵カードが手札にあるかないか宣言する。ある場合は、攻撃された人は自分の陣営カードを1枚を裏向きで捨て、攻撃した人は攻撃したカードを普通に砦に置ける。
  • ない場合は、攻撃した人が攻撃された人の手札からランダムでカードを引く。引いたカードが攻撃した人と同じ陣営(=攻撃された側が敵陣営)なら攻撃成功で、攻撃したカードと引いたカードの両方を砦に配置できる。引いたカードが攻撃したカードと違う陣営(=攻撃された側が味方陣営)なら攻撃失敗で、攻撃したカードを捨てて引いた敵陣営のカードを砦に配置しなくてはならない。
  • 5枚の兵カードが出された砦は、即王国派か反乱派か判定。5枚の兵カードの戦力合計が大きい方の派閥になる。3枚の砦が1つの陣営になったらゲーム終了で、その陣営のプレイヤーの勝ち。

 



感 想

●妻
シンプルだけど結構盛り上がるね!攻撃すると正体バレがちなので、どのタイミングで攻めるかも大事。手軽でいいね。

●ゆづ(9歳の娘)
まぁ楽しかった。すごく軽いから、塾で勉強して疲れてても楽にできていいね!1ゲームがすぐ終わっちゃうから、もうちょっと長くていいのに。

●ヨタくん(5歳の息子)
このゲーム楽しいよね!なんか、カードの出し方でヨタくんがどっちのチームかすぐバレちゃうんだよなぁ。でもドキドキして楽しい!

●自分
とっても気軽だけど、ちゃんと正体隠匿系のドキドキ感もあって良いゲームです。裏向きに置けるカードの存在が悩ましさを増幅。他プレイヤーの陣営を予測して、各砦の戦況を予測して置いていかないと勝てないちゃんとした戦術性もあるゲーム。

可愛らしい箱やカード絵の雰囲気も良く、何か持っていて嬉しくなるゲームです。

総 合 評 価

・総合評価:7
・独創性:7
・わかりやすさ:10
・システム洗練度:7
・間延び感の低さ(起伏):8
・リプレイ性:8
・コンポーネントの魅力:7
・脳汁感(ジレンマ味わい度)7
・テーマ再現性:5
・戦術の幅:6
・ドキドキわくわく感:7
・手番ごとの成長感:6
・攻撃性の低さ:5
・9歳児と本気で遊べる度:10
・5歳児も楽しそう度:9
・備考:ポケットサイズのちいさな箱で、プレイ人数も2名~6名なので、色んなところに持って行けます。

~Fin~

コメント

タイトルとURLをコピーしました