ボルト:ロボット・バトル・アリーナ(VOLT: Robot Battle Arena)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム内容

ロボット対戦ゲーム!
サイコロをプロットしてロボットを動かし攻撃していこう。

created by Rinker
NAZCA
¥19,708 (2023/02/02 08:04:57時点 Amazon調べ-詳細)
  • 正方形のマスが多数書かれた中央ボードの初期位置に各プレイヤーが自分のロボットを設置。
  • 各プレイヤーは、個人ボードと、それを他プレイヤーから見えなくする衝立を自分の前に置く。
    ロボットのアクションをプロットするサイコロ3個を手元に置く。
  • 毎ターンのはじめ、全プレイヤーが同時に3個のサイコロを個人ボードに置き、ロボットの行動を決める。
    移動なら上下左右マス(十字キーのような絵のところ)に動きたい数の目を置く。
    攻撃したかったら、8方向のマスのいずれかに攻撃方法の目を選択して置く。

  • 全員がプロットを完了したら、一斉に公開。
    まず「赤のダイス」で低い目のサイコロの順に行動していく。
    次に白ダイス、最後に青ダイスの順に行動。 
  • ロボットにはライフポイントがあり、他プレイヤーから攻撃を受けると失う。
    全て失うと破壊され、止めをさしたプレイヤーが1点GET。
    ※ 倒されたロボットは、次のラウンドの最初に直に全快して復活攻撃内容によっては、1マス分ふっとばされて強制移動することも。
  • 中央ボードには「得点マス」が各所に書かれており、ターン終了時にそのマスにとまっていたら1点GET。
    ※ ただし、その「得点マスの数字」と同じ「サイコロの目」を3つのうちいずれか設置していないとだめ。
  • 最初に5点獲得したロボット(プレイヤー)の勝ち。
  • 中央ボードには移動して落ちるとダメージをくらう「落とし穴マス」と、「ライフの回復マス」がある。

  • 慣れてきたら拡張の「派手攻撃タイル」を混ぜるのもOK。
    相手に与えるダメージが大きくなる武器や、移動した後に地雷を設置する武器など、多彩な攻撃が可能となり、ハチャメチャなど派手対戦ができる。

<好感度ポイント>

  • ルールがシンプルで直感的。
    すぐにゲーム始めるのが可能。
  • 「得点マス」という共通の目標があるため、他プレイヤーの動きがある程度予測可能。
    よって、プロットのタイミングで相手の位置を読み、攻撃サイコロを設置。
    予想が当たったら超快感。
  • ロボット大戦の雰囲気ばっちり。
    コンポーネントが素晴らしい。



感想

2019年当時
●妻
こういう攻撃し合うゲームって、どこが面白いの?
相手の行動を読むゲームも、あんまり当たらないので面白くない。←w

●ゆづ(娘。7歳)
楽しい!
ロボットで得点を上手くとれた時嬉しかった!

●ヨタくん(息子。3歳)
ロボットゲーム、ヨタくん好きなんだ~!

●自分
自分の先の分までプロットして、公開後はオートマチックに行動処理をしていくタイプのゲームは、個人的に結構好きです。
妻はつまらないみたいだけど。

プロット系ゲームの傑作としてはコルトエクスプレスがあり、ネプチューンアニマランブルもそれぞれ味わい深く面白いゲーム。
それらのゲームと比較しても、「ルールのシンプルさ」「行動予測のやりやすさ」の面から、相当高水準のゲームと言ってよいとと思います。

得点マスで得点を狙いたいけど、露骨だと行動が読まれて打たれてしまう。。。
そのジレンマを抱えつつ、相手の裏をかきつつ、得点を積んでいく。
プレイスタイルも、他プレイヤーから逃げ回って「得点マス」をひたすら狙うスタイルや、他のプレイヤーを長距離攻撃し、落とし穴に落としまくって点数を稼ぐスタイルなど、プレイヤーの個性が出る。

俺は、ひたすらに他プレイヤーを無差別攻撃し、ほぼ当たらず、たまにサイコロの置き方を間違えて自ら落とし穴へ自爆するプレイスタイル。
ゆづは、得点マス周辺をうろうろ徘徊して、ちょいちょい得点を稼ぐスタイル。
ヨタくんは、ランダムな動きを繰り返し混乱させてくる奇行種スタイル。
自分なりの戦い方で勝負できるのもとても良いね!

子供とたちは相当楽しかったらしく、1回プレイした後も、ちょくちょくロボットのゲームやりたい、と言ってきます。

恐らく好みが激しくわかれるゲームで、我が家でも私と妻の評価が全くことなります。
その意味で評価6にしますが、個人的にはかなり好きです。



総合評価

・総合評価:6
・独創性:6
・わかりやすさ:7
・システム洗練度:7
・間延び感の低さ(起伏):7
・リプレイ性:7
・コンポーネントの魅力:7
・脳汁感(ジレンマ味わい度):6
・テーマ再現性:7
・戦術の幅:6
・ドキドキわくわく感:7
・手番ごとの成長感:7
・攻撃性の低さ:2
・7歳児と本気で遊べる度:6
・3歳児も楽しそう度:6

created by Rinker
NAZCA
¥19,708 (2023/02/02 08:04:57時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント