マグノリア(magnolia)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要   

自分の前に3×3枚になるようカードをプレイし、戦争やカード効果で勝利点を稼ぐカードゲーム。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥3,831 (2024/07/24 07:18:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • 勝利点ボードと戦力ボードを中央に配置。
    各プレイヤーは、個人シート、5金、山札から引いた5枚のカードをもってプレイスタート。
    プレイヤーシートには信仰点と技術点のパロメーターが描かれている。
  • 各ラウンドは、下記の順で進む。
    • 手札を山札と入れ替えられるドローフェイズ
    • コストを払って手札から最大2枚までカードを目の前に配置する配置フェイズ
    • 配置済みのカードの戦力を両隣のプレイヤーと比べあって勝利点を得る戦争フェイズ
    • 配置済みカードの効果で信仰点、技術点を高める発展フェイズ
    • 3金+配置済カードから収入を得る収入フェイズ
    • 配置済みカードの効果で勝利点を得るVPフェイズ
  • 勝利点が40VPを超えるプレイヤーが出るか、カードを9枚配置したプレイヤーが出たらそのラウンド手ゲーム終了。
    終了時に手元に残ったコイン3金ごとに1VPを加えて、総得点が高い人が勝ち。



感想

●妻
面白いんだけど、カードによっては全くダメな時があるので、結構運が強めなのが気になるかな。。

●ゆづ(9歳の娘)
シンプルで楽しい!
どのカードを出すといいかが凄く悩むね。

●ヨタくん(5歳の息子)
ヨタくんは、毎回たくさんの勝利点が入る悪魔のカードを集める作戦が好き!
めっちゃ楽しいゲームだよ。

●自分
これは面白い!!
ペーパーテイルズをベースに、とのことでそりゃ面白いだろうと思ってましたが、想像よりも一歩上にいってました。

全プレイヤーほぼ同時処理のため、ダウンタイムがほとんどなく、あれよあれよという間にゲームが進んでいきます。

キャラクターの能力も魅力的で、9枚並べる際にパズル的要素もあってGOOD。

繰り返し遊んでも空きが来ないなら十分9をつけられるレベルです。
文句のない完成度の素晴らしいカードゲームだと思います。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:9
  • 5歳児も楽しそう度:9
  • 備考:極めて洗練された素晴らしいカードゲーム!

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント