もしも勇者がいるのなら(The Brave and Tyrants)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

カードゲーム期真っ只中の我が家は、今日も理想的なカードゲームを探してます。
色んなカードゲームに出会う度に一昔前の我が家はトランプとUNOしかしらなかったんだよなぁ。しみじみ。

そしてまたもや楽しいカードゲームに出会いました。
今日ご紹介するゲームは、バッティング&正体隠匿系ゲームです。

もしも勇者がいるのなら(The Brave and Tyrants)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

傲慢な王様が支配する国に住む人々と、異世界から王様を倒すために来た勇者を操る、バッティングと心理的駆け引きゲーム

<準備>

  • 各プレイヤー、同じ構成の7枚のカードを受け取る。
  • そこから今回のラウンドで使わないカードを2枚選んで伏せて場に出し、誰がどのカードを捨てたかわからないようにシャッフルしてからオープンし、カードの種類事になるべておく。

<ゲームの進行>

  • 各プレイヤー、手札から1枚を選び一斉にオープン。
    1番のカードを出したプレイヤーから順にカードの効果を発動していく。
    カードには2つの効果が書かれていて、単独プレイ時の時と、他プレイヤーとのバッティング時とで効果が異なる。
  • カード効果は、総じて「お金チップ」「信仰チップ」「攻撃チップ」を得る内容。
    カードの中には、「他プレイヤーからチップを奪う効果」「他プレイヤーに手札から1枚時計回りで渡す効果」などもある。
  • カードには種類ごとに異なる勝利条件が書かれている。
    「お金チップを最も持っていること」「全プレイヤーの手元の攻撃チップが合計で4つ以上あること」「誰も手元に攻撃チップを持っていない」など。
  • 4枚をプレイして手札に1枚だけカードが残った段階でラウンド終了。
    残ったカードの勝利条件を達成した人は、達成した人数に応じた勝利点トークンを獲得。
  • 全てのカードを手元戻し、次のラウンドへ。
    規定の数の勝利点トークンを獲得したプレイヤーの勝ち。



感想

●妻
面白い!
誰がいつ王様カードをだしてくるかわからない緊張感がいいね。
王様を勇者で止めると気持ちいい!

●ゆづ(9歳の娘)
楽しかった!
コツコツお金チップとか信仰チップをためるのが好きだけど、いきなり王様に奪われるから困るよね!

ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しかった!
王様でみんなのチップを一気にもらうのが楽しすぎるね!!

●自分
すごく楽しく、盛り上がります。
斯くして我は独裁者になれり」と「サントドミンゴ」を足して2で割ったようなプレイ感。

全てを台無しにしてくる王様カードと、王様を倒すためだけに存在する勇者カードという軸の2枚を巡る駆け引きがゲーム全体を引き締めていてGOOD。
最後に残した1枚でバシっと勝てるとかなり快感です。

溜まっていくプレイ済みカードから、他プレイヤーの手札を予測して自分着地を考える戦術性もいいですね☆

何度も繰り返し遊べる名作だと思います。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:8

 

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 



コメント