絶滅ダウト/マンモス(MammuZ)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

ブラフゲーム!
動物カードを集めて「絶滅(手札をなくす)」させよう。

  • 8種類の動物カードで構成。
    動物ごとに数字が決まっていて、その数字分の枚数がある。
    数字は2~8。
  • 手番では、どれか1種類の動物を宣言し、最大4枚カードを裏向きで出す。
    真実でも嘘でもOK。
  • 次の手番の人は「ダウト」を宣言するか、出されている動物と同じ種類のカードを宣言して、最大4枚出す。
  • ダウトを宣言したプレイヤーは、ダウトをした相手のカードを1枚だけ選んでめくる。
  • ダウトを宣言して合っていた場合は、ダウトされたプレイヤーはそのターンに全員が出したカードを全て受け取る。
    ダウトがはずれた場合は、ダウトをしたプレイヤーが全カードを受け取る。
  • 手札に全枚数が集まった動物があれば、「絶滅」と宣言し、その動物全カードを捨てる(ゲームから除外)ことができる。
  • 以上を繰り返し、手札を先になくした人が勝利。



感想

2019年当時
●妻
うーん。。なんか面白さがわからない。
明らかな嘘を見抜いてダウトをしても、カードを1枚しか引けないため、変な感じ。

●ゆづ(7歳の娘)
まぁまぁ面白かった。
パパの嘘、わかりやすいから当てたよ!

●ヨタくん(3歳の息子)
マンモスがいたり、サーベルタイガーがいたりして、楽しいゲーム!

●自分
ファブフィブやコヨーテなど、ダウト系ゲームは面白くて好きなんだけど、このゲームはあまりはまらなかったな。

特定の動物を全て集めると絶滅させることができるルールがあるため、あえて嘘のカードをたくさん出してダウトされてカードを集める戦術が可能なので、ただの運ゲーではないのだけど、個人的には、ダウト系ゲームはわいわい盛り上がるパーティー感が面白いと思ってるので、このゲームはその辺がちょっと違うのかも。

何度もやればもっと真髄に触れて面白さが分かる気もするんだけど、、、、。



総合評価

  • 総合評価:5
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:5
  • システム洗練度:5
  • 間延び感の低さ(起伏):4
  • リプレイ性:4
  • コンポーネントの魅力:4
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):4
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:3
  • ドキドキわくわく感:4
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:4
  • 7歳児と本気で遊べる度:7
  • 3歳児も楽しそう度:6
  • 絶滅した時のカード裏面が妙にリアル:9

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント