スノーマンション(SnowMansion)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

正体隠匿系カードゲーム!
吹雪の中の屋敷で最後まで生き残ろう。

  • 各プレイヤー、「殺害」「口封じ」「立て籠り」「捜査」「護衛」「告発」「正当防衛」など同じ構成のカードセットを受け取る。
  • 毎ラウンド、各プレイヤーは手札から1枚と必要枚数のブランクカードを持ち、他プレイヤーにわからないように1枚ずつ各プレイヤーと「主」のところに配置する。これを全プレイヤー行う。
  • 配置後、誰がどのカードを配置したかわからないように各場所のカードをシャッフルしてオープン。
    「殺害カード」が置かれた人は殺害されて脱落。護衛カードが置かれていればセーフ。
    「正当防衛カード」が置かれていれば置いた相手を殺せる。
    「捜査カード」が置かれたプレイヤーは手持ちの「殺害カード」を全て公開。
    もともとは各プレイヤー3枚の殺害あーどを持っているので、減っていたら殺害容疑が確定する。
  • 4ラウンド行い、最後まで生き残ったら5点。
    主を殺害すると5点。
    他プレイヤーを殺害すると3点。
    誰かを殺害から護衛したら1枚防ぐごとに1点。
    操作で殺害容疑を確定させたら足りない殺害カード1枚ごとに2点。
    告発に成功したら4点。
  • 合計点の高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
微妙だった。駆け引きの要素が強いので大人だけやらないとダメだね。

●ゆづ(7歳の娘)
とっても楽しかった。ヨタくんが攻撃ばっかりしてきた笑った。

●ヨタくん(3歳の息子)
面白かった。だってヨタくんママ倒したから!

●自分
正体隠匿系カードゲームの中ではとっても完成度が高いと思う。
4ターンあるのに自分を守れるカードが2毎だけなので、どこかのタイミングで自分が襲われる危険を覚悟で、誰かを殺害するか捜査・告発していかないとなので、いろんな思惑が動く動く。

狙い通りに殺害や告発が成功するとすごく気持ちいい。逆に、意外なところでやられると悔しいし笑える。

大人だけでやるとかなり思惑が絡んでゲームが深くなりそう。個人的にお気に入りのゲームです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:5
  • 7歳児と本気で遊べる度:7
  • 3歳児も楽しそう度:6
  • 備考:いきなり殺さないで~!

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント