マルティニーク(Martinique)

・所要時間:30分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ルール概要

宝チップのセットコレクション & 推理ゲーム。

  • 「1から8の数字」「AからHのアルファベット」の書かれた地図タイルと、いろんなお宝の書かれたタイルの2種類がある。
  • ゲームの初めに、数字の地図タイルから1枚、アルファベットの地図タイルから1枚、ランダムでとり、ボード上に伏せておく。これが後半戦で当てるべき「失われた宝」になる。(つまり、2のH、などが答えになる)
  • 前半戦は、ボード上にちりばめられた「地図タイル」「お宝タイル」を、ボード上の自分の駒を動かすことで交互に獲得していく。
    地図タイルは、獲得したら自分だけが見て伏せておく。後半戦の失われた宝探しのヒントになる。
    お宝タイルには1から3まで数字が書かれていて、数字の高いほうが終了時に高い点数になる。また、同じ種類を集めるとボーナス点もある。
    全ての駒が動けなくなったら前半戦が終了。
  • 後半戦は、自分の手元の地図タイルをヒントに、「失われた宝」の場所 (2のHなど)をあてるフェーズ。
    各自交互に4つまで予想し、予想が完了したら、「失われた宝」をオープン。
    失われた宝を見事当てたら、当てた人がその時点で勝利!
    集めたお宝タイルは意味なし!
  • どちらも失われた宝を当てられなかったら、集めたお宝タイルの得点が高いほうが勝ち。

<好感度ポイント>

  • 前半の陣取的なお宝獲得フェーズと、後半の推理フェーズが全く異なるプレイ感で、とても新鮮。
  • 後半戦での一発勝利を目指して、地図タイルを集めるべきか、後半戦はある程度無視して、点数の高いお宝タイルを集めるべきか、ジレンマが心地よい。
  • ルールがシンプルで鋭く、プレイ時間も短いのでリプレイ性も高い。



感想

●妻
面白かった。推理が当たったので嬉しい。

●自分
似たゲームのない、珍しいプレイ感のゲーム。前半は、「これは俺の魚だ」に似てるかな。

今回のプレイでは、妻は地図タイルを、俺はお宝タイルを集める戦術だったが、後半戦で妻に失われた宝を当てられて、一発で負けてしまった。

お宝タイルを集めまくって地図タイルを集めなかったのに、後半は自分も本気で推理しようとしてしまい、自分の予測が妻の予測のヒントになったのが敗因。

お宝の数で明らかに上回っている場合は、後半は相手が当たらないように惑わせる
作戦が正しいのだろう。でも、推理は当てたいので、それだとちょっとつまらなくなるかな。

1回だけではまだ何とも言えないが、十分平均点を上回る良いゲームだと思う。

総合評価

・総合評価:6
・独創性:7
・わかりやすさ:6
・システム洗練度:7
・間延び感の低さ(起伏):7
・リプレイ性:6
・コンポーネントの魅力:6
・脳汁感(ジレンマ味わい度):6
・テーマ再現性:6
・戦術の幅:6
・ドキドキわくわく感:6
・手番ごとの成長感:6
・攻撃性の低さ:2

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント