マーメイド・レイン

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

中央MAPを移動して5種類の材料を集めていくセットコレクションゲーム

  • 中央MAPは点在する島と海で構成され、島には5種類のうちいずれかの資源チップが2枚置かれている。
  • 各ラウンド、ランダムでそのラウンドで使う波タイルを準備し、プレイヤーに7枚ずつカードを配布したらゲームスタート。
    カードはカメ、カモメ、イルカの3種類のみ。
  • 各ラウンド、「手番順決定フェイズ」「中央MAP移動フェイズ」で構成。
  • 「手番順決定フェイズ」では、各プレイヤーは2枚~5枚までの手札でポーカー的な役を作って比べ、役の得点が高い人から先に次のフェイズで行動することになる。
    なお、強い役には手番準決定とは別に、「勝利点をもらう」「海流タイルを追加1枚もらえる」「資源チップを1枚もらえる」などのボーナスがある。
  • 「中央MAP移動フェイズ」では、行動順に従いラウンド準備で並べられた波タイルのうち好きなものを1枚入手し、それを中央MAP上の好きな場所(島と島と繋ぐ海スペース)に配置。
    その後、スタート地点の島からプレイヤーコマを波タイル上を移動させる。
    波タイルや島にはカメ、カモメ、イルカのいずれかが書かれていて、残った手札から該当するカードを1枚プレイするとその波タイル・島に移動できる方式。
    よって、前フェイズでカードを使いすぎるとあまり移動できなくなってしまう。
    到達した島に資源チップが残っていたら1枚GETできる。全プレイヤーが移動を終えたらラウンド終了。
    中央MAPに配置された波タイルのうち、濃い色の波タイルは取り除かれ、その上に乗っていたいプレイヤーコマはMAP外周のスタート島のいずれかに強制移動。
    次のラウンド用に波タイルを中央に置き、カード7枚を配布したら次のラウンドへ。
  • 既定の数のラウンドを行ったらゲーム終了。
    得点計算の最初に、5種の資源チップ1セットを箱に戻し、足りない資源1枚ごとにマイナス5点。
    手元に残ったチップを種類ごとに所持枚数比較をして、最多は12点、2位は6点、3位は4点、4位は2点をGET。
    これに、ゲーム中に(手番順フェイズでの役ボーナスで)もらった勝利点を加え、最も高い人の勝ち。



感想

●妻
見た目がアニメチックでやる前は期待してなかったけど、ゲーム自体は良くできていて驚いた。かなり悩んだ!

●ゆづ(8歳の娘)
楽しかった!カードの種類が少なくてルールが分かりやすいのがいいね!

●ヨタくん(4歳の息子)
ヨタくん、亀ばっかり集めたら全然だめだったよ! でも亀好きなんだよな~。

●自分
パッケージがアニメっぽいのはまだしも、説明書が漫画、、、。
こりゃネタゲームかと油断するも、ルールを読むとかなり洗練されている印象。
「あれ?もしかしてかなり面白いんじゃ」と、子供たちとまずプレイ。
楽しい、、、、。となり、妻も入れて4人ガチプレイ。
手番順フェイズと移動フェイズでどの配分でカードを残すのかのジレンマや、どの資源を集めると効率的に得点できるかなど、プレイ中ずっとぐるぐる思考を巡らせてました。プレイ時間もちょうど良く、全体的によくまとまっている好ゲームでした。セットアップで中央MAPに小さな資源チップをちまちまたくさん並べるのがイマイチってとこだけ残念。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:1ラウンドでたくさんの島に移動しまくれた時の達成感:10


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント