ミントワークス(Mint Works)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

王道のワーカープレイスメントゲーム!
ミントがワーカー兼コインになる。

  • 場所カード6枚と、特定条件で利用可能になる証書場所カード2枚を中央に配置。
    この6箇所がワーカーを送り込むアクションスペースになる。
    シャッフルした計画カードの山札から3枚をオープンして配置したらゲームスタート。
  • 手番では、手元にあるミントをアクションスペース(スペースによって必要なワーカー数が異なる)に送り込み、アクションを実施。
    アクションは「計画カードを、書かれた数のミントを支払ってを購入」「ミントを2個支払って手札の計画カードを自分の目の前にプレイ」「ミントの獲得」など。
  • 計画カードは自分の前に出すことにより様々な効果が発動されたり、勝利点になったりする。
  • 全員がパスしたらラウンド終了。
    その時点で7点以上獲得しているプレイヤーがいなければ、各プレイヤーに1個ずつワーカーを配布して次のラウンドへ。
    7点以上獲得しているプレイヤーがいたらゲーム終了となり、得点が最も高い人勝ち。



感想

●妻
ケースも内容物もシンプルなのであまり期待してなかったけど、やってみたらかなりちゃんとしたワーカープレイスメントで面白かった。
毎回登場するカードが代わるところもいいね!

●ゆづ(9歳の娘)
ミントを先に置かれるとやりたいアクションができないところが難しい。
でも、ルールがわかりやすくて面白かった! 

●ヨタくん(5歳の息子)
得点のカードをたくさんとってたら、先に7点にいって勝ててうれしかった!

●自分
かなりちゃんとしたワーカープレイスメントゲームです。
プレイ時が短いのに、しっかり楽しませてくれます。

ケースがミントケースサイズになっていて小型なので持ち運びしやすいという大きな特長がありますが、ゲーム自体もしっかり作りこまれていて相当高いレベルだと感じました。
ふとした時にやりたくなる良ゲームです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:8
  • 5歳児も楽しそう度:6
  • 備考:ケースが素敵で、持っていること自体が嬉しくなります。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント