楽しい動物園 (O Zoo le Mio)

  • 所要時間:40分
  • 今回の人数: 1回目 3人(俺、ゆづ、ヨタ君)
    2回目 4人(俺、妻、ゆづ、ヨタ君)

ルール概要

  • 1ラウンドに5枚動物の書かれたタイルを公開し、1枚ずつセリにかける。
  • 初めに配られた8金の中から握り競り。
  • 1ラウンドが終わると得点計算。
  • 得点は下記3つ。
    1. タイルに書かれた同色の星マークの最多者と二番手者(各色ごとに得点)
    2. タイルに書かれた木の数の最多者と二番手者
    3. タイルに書かれた道を円形につなげるこどに得点
  • ラウンド終了時に、手元のタイル総数の金をもらう
  • 1ラウンドは上記①〜③の数合計×1
  • 2ラウンドは×2・・・5ラウンドは×5と、後半になるに連れて得点が増加し、5ラウンド終了時の総得点が多い人が勝ち。

<高感度ポイント>

  • 目的が明確でシンプルな競りゲーム。インストが楽。
  • 箱庭的に動物園ができてくるのが嬉しい。終了後写真に残したくなる。
  • 後半に向けて収入、得点ともに増えるので、後半盛り上がる。
  • 一方で、後半に勝つための収入は前半で取得したタイル数から、というシステムがとても上手く機能していて、「結局最後勝てばいいゲームでしょ」とはならない。



感想

2019年当時
● ヨタ君(息子。3歳)
これ、楽しい! ヨタ君のゲームなんだー!(独占欲。最上級の褒め言葉)

● ゆづ(娘。6歳)
楽しい! 今までで一番かも!

●妻
すごく面白い。凄いゲームだと思っちゃった。

●自分
何これ! すごく楽しい!

そもそも俺は競りゲームが大好きで、クニツィア先生のモダンアートやメディチ、ラー、アメンラー、シャハト先生のムガルやセレゲンティ、それ以外にも、魚河岸物語やらリッチモンド夫人やら、色んな作品に手を出してきました。そして、どれも面白かった!

加えて、箱庭系ゲームも好み。
さらに、動物系ゲームも、ズローロレット、パンダゴリラ、ブタなかまなど、お気に入りが多い。

「セリ×箱庭×動物」の組み合わせなので、当然ストライクなわけだけど、このゲームはそれ以外にも、ゲームシステムの美しさに唸らされた。
セリ×箱庭のコラボをとても自然に融合させてるし、後半に向けて盛り上がる流れも、システムに自然に組み込まれていて美しい。

とにかく無駄がなく、隙のないゲーム。
そして、またやりたくなるリプレイ性。
子供を惹きつけるテーマ。
どこをとっても素晴らしい!

手に入りにくいゲームだけど、家族で遊ぶ人にはぜひ進めたい一品です。

総合評価

・総合評価:8
・独創性:7
・わかりやすさ:8
・システム洗練度:9
・間延び感の低さ(起伏):8
・リプレイ性:8
・コンポーネントの魅力:8
・脳汁感(ジレンマ味わい度):7
・テーマ再現性:8
・戦術の幅:7
・ドキドキわくわく感:8
・手番ごとの成長感:8
・攻撃性の低さ:7
・6歳児と本気で遊べる度:7
・3歳児も楽しそう度:3
・備考:完成した動物園は写真に残したくなること間違いなし!

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント