ピット(PIT)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、ハイテンションパーティーゲームの代表作です。
100年以上前に発売されたゲームながら、いまだに根強い人気を誇っています。
熱くハイテンションな、他にないプレイ感のこのゲームをレビューします。

ピット(PIT)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • みんなの届く位置にベルを配置。
  • プレイ人数分の種類のカード(各種9枚)をシャッフルし、全員に9枚ずつ配布する。
  • よーいスタートでゲーム開始。
    各プレイヤーは、手札から交換したい(いらない)同じ種類のカード1~4枚を、同じ枚数の交換を希望している他のプレイヤーとリアルタイムで交換していく。
    交換する際は、「2枚!」など、希望枚数を声に出し、同じ枚数を宣言している他プレイヤーを見つけて同時に渡し合う。
  • 交換を繰り返し、最初に手札9枚が同じ種類に揃ったら、ベルを叩く。
    そのプレイヤーだけ、揃ったカードの種類(カードの右上に得点が書かれている)に応じた得点。
    得点計上後、次のラウンドへ。
  • ラウンドを繰り返し、先に500点に達した人の勝ち。



感想

●妻
思わず声を出しすぎて、声が枯れちゃう危険なゲーム。
声を出さずに指を立てて静かに交換し合うルールでも盛り上がって良いね!

●ゆづ(10歳の娘)
わかりやすいルールでいいね。
私は声が小ちゃいから、交換枚数に気づいてもらえなくて、ヨタくんに負けちゃうんだよなぁ。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しいね!!
つい大きな声を出しちゃって、ママに怒られちゃう。
そろってチーンってベル鳴らせると最高だよ!

●自分
なんというシンプルかつ、ワクワクするルール!
これぞ元祖交渉系ゲームですね。
余計な駆け引きは必要なく、ただただ己の欲望のままに欲しい枚数を叫ぶのみ。
大人数で交換相手を探し回ってワチャワチャ遊ぶと最高に楽しく、笑えます。
周りにゲームに参加してない人がいたら、メチャクチャうるさく騒いだと思ったら、チーンとベルが鳴るとシーンとする異常な集団に見えることでしょう。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:8
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:9

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント