怒れる森のクマさん(Ikareru Morino Kumasan)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日も我が家はカードゲーム三昧
またも超絶面白いゲームを発見。最近のカードゲームはレベルが高いなぁ。

今日ご紹介するのは、ドキドキのカード隠匿系バーストゲームです。

怒れる森のクマさん(Ikareru Morino Kumasan)

・所要時間:15分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

アクションカードをプレイして森カードをめくり、バーストせずに森からの脱出を目指すゲーム。

<準備>

  • アクションカードをシャッフルして、各プレイヤーに手札として3枚ずつ配布し、残りは山札に。
  • 森カードをシャフルして4枚ずつ各プレイヤーに配布し、中身を確認後各自目の前に伏せて並べる。
  • 怒れる森のくまさんカードをスタートプレイヤーの前に配置。

<ゲームの進行>

  • 手番では、手札からアクションカードを1枚プレイして書かれたアクションを行う。
  • アクションは下記の種類がある。
    1. オープン:
      いずれかのプレイヤーの目の前に伏せられた森カードを1枚オープンし、獲得する。
      → セーフカードなら問題なし。4枚集めたら脱出ゲーム成功。
      → ノイズカードなら危険信号。
      2枚獲得したらバーストとなり、その人と、その時点で怒れる森のくまさんカードが目の前に置かれている人が失敗。
      怪我カードを1枚ずつ獲得。
      → クラッシュカードなら一撃でバースト。
    2. サーチ&オープン:
      森カードを1枚ひっそりと確認した上で戻し、改めてどれか1枚の森カードをオープンし、獲得する。
    3. ムーブ:
      怒れる森のくまさんカードを、その時点の持ち主の左隣の人の前に移動させる。
    4. 合気道:
      自分の前に配置しておき、怒れる森のくまさんカードが自分の前に来たら捨て札にし、そのままくまさんカードを左隣の人に渡せる。
    5. ダブルアクション:
      左隣のプレイヤーが次の手番を2回連続で行う。
    6. パス:
      自分の手番をパスできる。
  • 誰かがバーストしたらラウンド終了。
    3ラウンド行い、獲得した怪我カードが最も少ない人の勝ち。



感想

●妻
これは盛り上がる!
え、最近のカードゲーム、レベル高くない??

ゆづ(9歳の娘)
ドキドキして面白い!
引くのもくまを押し付けられるのも怖いね。

ヨタくん(6歳の息子)
すごい楽しいよ!!
「ムーブ」でくまさんが隣の人に移動するのがめっちゃ楽しい!

●自分
これまた完成度の高いゲーム!

「SAFE」を引き当てて早く脱出するゲームかと思いきや、枚数の関係上「SAFE」が極めて揃いずらく、結局のところノイ的バーストゲームの色合いが強いです。

この手のゲームは、後半の盛り上がりに向けて前半は手なりでカードを出すことが多のに対し、1チャン「SAFE」が揃うかもと、前半は前半で本気で「SAFE」をとりにいくため、ゲームを通じて手なり感が一切ない。
これは何気にかなり素晴らしいシステムだと思います。
後半はいかにバーストしないか、クマを手元から移動させるかでわーきゃー盛り上がるゲームでした。

誰と遊んでもまず盛り上がる、志向のパーティーゲーム。
我が家の定番ゲームに認定!



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:10
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:10
  • 6歳児も楽しそう度:10

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 



 

コメント