クアドロポリス (Quadropolis)

・所要時間:40分
・今回の人数:3人(俺、妻、ゆづ)

ゲーム概要

ワーカーを配置して建物を獲得する、楽しい街づくりゲーム!

created by Rinker
Days of Wonder
¥4,631 (2022/12/08 17:35:04時点 Amazon調べ-詳細)
  • 中央ボードに「タワーマンション」「公園」「市役所」「お店」「工場」「港」の6種類のタイルをランダムに設置。
    ※ラウンドごとに使うタイルが決まっている。
  • 各プレイヤーは個人ボード(ここにタイルを設置していく)と、建築士を4つ持つ。
    4つの建築士には、それぞれ1~4の数字が書かれている。
  • 手番では、建築士を1人ずつ中央のボードに設置していく。
    「建築士の設置位置」と「建築士の数字」により、どのタイルを獲得して、自分の個人ボードのどこに獲得したタイルを置けるかが決まる。
  • 全プレイヤーが4つの建築士を使い切ったらラウンド終了。
    これを4ラウンド行い、4ラウンド終了時にゲーム終了。
  • 「公園は周りにあるタワーマンションの数」「工場は周りにあるお店か港の数)「港は連続する港の数」など、それぞれ条件を満たしている分得点をGET。
  • 得点が高い人が勝ち。

<好感度ポイント>

  • コンポーネントが綺麗。
    駒が何故か半透明なクリスタル的素材。
  • 獲得できるタイルと置ける場所が、建築士の置き方によって制限されるため、パズル的な思考が要求されて面白い。
  • 自分の町が完成していく感じは、純粋に楽しい。
  • プレイ時間もほど良く、終わるタイミングが明確なので、しっかり計画を立てながらプレイできる。
  • ラウンドを経るごとにおける場所が限られてきて、没頭度が高まっていく。



感想

2019年当時
●妻
すごく楽しい。
これは良いゲームだと思う。

●ゆづ(娘。6歳)
町を作るゲームはやっぱり楽しい。

●自分
このゲームは、ルールを読んだ時から面白さをひしひしと感じていた。

プレイ感は、キングドミノや二つの街の物語、ビッグシティメディナあたりを足して割ったような感じかな。

手番でやれる選択肢が限られているので長考になりにくいし、得点を得るための条件は、「公園のまわりにタワマンを置く」「港をつなげて大きな港をつくる」など直感的にわかりやすいので、よくある得点計算が複雑すぎて確認にストレスを感じる、ということもない。

欲を言えば、このゲームシステムで、ビッグシティやメディナのように、立体コンポーネントだったら、とてつもないゲームになっていたような気がする。

勝つための戦術が限られてきそうな気もするけど、それは何度か遊んでみてから判断しようと思います。。

我が家では、これからも何度もプレイされそうな良いゲームです。



総合評価

・総合評価:7
・独創性:7
・わかりやすさ:7
・システム洗練度:7
・間延び感の低さ(起伏):7
・リプレイ性:7
・コンポーネントの魅力:7
・脳汁感(ジレンマ味わい度):7
・テーマ再現性:7
・戦術の幅:6
・ドキドキわくわく感:7
・手番ごとの成長感:7
・攻撃性の低さ:6
・6歳児と本気で遊べる度:6

created by Rinker
Days of Wonder
¥4,631 (2022/12/08 17:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント