スカル (Skull)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、超ガチンコ心理戦を楽しめる硬派なゲームです。
心理戦は、仲の良い家族や友人も遊ぶと本当に盛り上がりますよね。

このスカルはその典型的な名作です。

スカル (Skull)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 各プレイヤーに、花のディスク3枚とドクロのディスク1枚を手札として配布。裏面は全て同じ。
  • 手番では、手札から自分のディスクを1枚裏にして自分の前に置くか、チャレンジするか、どちらかを選択実施。
    ※一週目はチャレンジできずディスクを置くだけ。
  • 誰かがチャレンジするまで手番を繰り返す。
    誰かがチャレンジしたら、チェレンジフェイズに切り替わる。
  • チャレンジフェイズでは、全員のディスクから何枚の花ディスクを捲れるかを宣言。「3枚!」など。
  • 次の手番プレイヤーは、更に多い枚数を宣言するか、パスするか選べる。
    全員がパスしたら、最後に宣言したプレイヤーがチャレンジ権を得る。
  • チャレンジ権を得たプレイヤーは、まず自分のディスクを全て表にする。
    その後、残りの枚数を他プレイヤーの前のディスクから選んでめくっていく。
    チャレンジ宣言した枚数分の花ディスクをめくれたら、チャレンジ成功で、1点獲得。
  • もしドクロのディスクを引いてしまったら、チャレンジ失敗となり、他プレイヤーに自分のディスクをランダムに1枚ゲームから除外してもらう。
    その結果、手札が0枚になったらゲームから強制脱落(敗北)。
  • チャレンジが終了したら、次のラウンドへ。
    全員置いた自分のディスクを回収し、チャレンジを行ったプレイヤーから手番をスタート。
  • 上記を繰り返し、先に2点をとったプレイヤーの勝ち。



感想

●妻
楽しいね!
昔は面白さがよく分からなかったけど、ゆづとヨタ君がちゃんと遊べるようになってからは、4人プレイがめっちゃ盛り上がるね。
パパがひたすらチャレンジ失敗してたのがお腹痛いくらい笑えたよ。

●ゆづ(10歳の娘)
楽しい!
チャレンジが怖くてなかなかできないのが課題だなぁ。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!!
でも、チャレンジが怖くてなかなかできないなぁ。

●自分
完成度が高いですねー!
ルールが簡単で、誰とでも気軽に熱い心理戦ができる優れたパーティーゲームです。
4人以上でワイワイ遊ぶのが良いですね。
コンポーネントもクール!



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:8

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント