テイルズ・オブ・グローリー(Tales of Glory)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

タイルを競りとって自分の場につなげていき、「武力」「魔法力」をパワーアップさせたり、「お金」や「ポーション」や「勝利点」を得ていくゲーム!

  • 各ラウンドの最初に、中央ボードの1~8のスペースに1枚ずつタイルを配置。各プレイヤーは手元の1~8の数字カードから、欲しいタイルが置かれている場所に対応する数字を選んで同時にオープンする。
    被ってしまった場合、スタートプレイヤーに最も近い人が優先的にもらえる。
    もらえなかった人も、他プレイヤーがタイルを選んだ後、残りのタイル中から選んでもらえる。
  • もらったタイルは、書かれたコストを支払うことで自分の場における。
    タイルは接続部同士が繋がるようにしか置けない。
    タイルを置いたら、置いたタイルに書かれているボーナスをGET。
    接続部に鍵が書かれたタイル同士をつなげると、鍵をGET。
    タイルの中には宝箱が書かれているものがあるので、入手した鍵を宝箱に配置するとその宝箱の横に書かれたボーナスをもらえる。
  • タイルに書かれているボーナスは、「武力」「魔法力」「お金」「ポーション」「勝利点」「鍵」など。
    タイルのコストは、指定の数の武力や魔法力があること、もしくは、指定の数のお金を払うこと。
    足りない武力と魔法力は足りない数のポーションを支払うことで代替できる。
  • タイルを置いたら中央ボードの残りのタイルを1枚捨てて詰めて、タイルの山札から引いて再度8枚になるようにする。
  • 以上を10ラウンド繰り返すと山札がちょうどなくなりゲーム終了。
    勝利点が最も高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
すごく面白かった。
わかりやすいルールなのにやりごたえあるね。
よくバッティングするから思う通りに欲しいタイルがとれないのがむず痒い。またやりたい!

●ゆづ(8歳の娘)
面白かった!
武力とか魔法力をパワーアップさせるとどんどん強いタイルをとれるようになっていくのが楽しい!

●ヨタくん(4歳の息子)
ヨタくん20点で負けて悔しかった!
でもなんか面白かった。
ヨタくん、ずっと1のタイルばっかりもらってたんだよ!そしたら欲しいタイルがいっぱいもらえるし。

●自分
「どのタイルをもらってどこに置くか」をうんうん考え続けて最適解を探していくゲーム。
考え抜いて欲しいタイルを決めたのに、バッティングでもらえなくなった時は「うわーっ」と盛り上がる。

タイルを置くたびにパワーアップしていく感じや、中央に置かれるタイルがどんどん強いものになっていく感じは、RPGゲームでレベルが上がって敵が強くなっていく雰囲気に近く、すごくワクワクします。
シンプルで切れ味が良く、わくわくできるすごく良いゲームです。

1点あるとすれば、どのタイルをもらうと良いか考えるのに時間がかかるので、全員がカードを決めるまでのダウンタイムがやや気になるとこかな。
でもそれを考慮しても、やはり面白い!

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:8
  • 8歳児と本気で遊べる度:9
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:後半に向けてタイルのキャラクター・モンスターが強そうな絵になっていくのがGOOD!

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント