パンピンポンゲーム(Pang Ping Pong Game)

こんにちは! ヒロです!

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、ルールが簡単で6人くらいでワイワイ遊べるアクションタイプのカードゲームです。

この手のゲームはあたりハズレが大きいので購入に慎重なんですが、予めルールを読んで脳内シミュレーションをした結果、確実に面白いと見込んで購入しました。

パンピンポンゲーム(Pang Ping Pong Game)

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/25 08:49:28時点 楽天市場調べ-詳細)

・所要時間:5分
・今回のプレイ人数:4人

ゲーム概要

  • すべてのカードをシャッフルして指定の枚数ずつプレイヤーに配布。
    残りは山札に。
  • 山札から1枚をオープン。
  • 「パンピンポンゲーム スタート!」の掛け声で一斉に手札を確認し、ゲームスタート。
  • 下記カードを出すルールに従ってオープンされているカードの上に手札からカードを出していく。
    1. パン→ピン→ポンの順
    2. 一人の人が続けてカードを出すのはNG。
    3. 特殊カード「パンピン」「ピンポン」「ポンパン」「パピポ」「スキップ」で上がってはダメ。
  • 手札を先に出し切った人の勝ち。



感想

●妻
特に興味を持てない印象のゲームだったけど、何となく遊んでみたらかなり楽しかった。
面白いね、これ。

●ゆづ(10歳の娘)
楽しい!!
何回も遊びたくなるね。
続けて出せないから良いバランス担ってる気がする。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!!
ずっと遊べるねー!!
でも、みんな上手いからなかなか勝てないんだよなぁ。

●自分
やはりめちゃくちゃ楽しかったです。
このゲームのコロンブスの卵的な素晴らしいシステムは、「一人が続けてカードを出せない」という縛りだと思います。
この縛りによって、一人の独走を許さず、程よいリズムを産んでいます。
終わった後に思わずもう一回!と言ってします理想的なパーティーゲームですね。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 10歳児と本気で遊べる度:10
  • 6歳児も楽しそう度:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント